プロ野球・阪神で恒例の「お家騒動」が始まった! 番記者が続々消える怪現象

日刊サイゾー / 2014年9月16日 11時0分

写真

 9月に入り、急激な失速で優勝戦線から脱落してしまったプロ野球・阪神。今年は和田豊監督の契約最終年であり、当初は「1年の延長が内定」というような報道もあったが、ここへきて完全白紙に。関係者の間では「ダメ虎と呼ばれた時代以来、久々のお家騒動が勃発している」と、にやけ顔で話す者が多いという。

 8月末、東京ドームでの巨人戦に負け越し、直後に本拠地・甲子園での東京ヤクルト戦でも同様の成績。

「このあたりから『やっぱり、終盤に失速する流れが出てきたから、万が一に備えたほうがいい』と口にする在阪スポーツメディア関係者が徐々に増えていった」(スポーツ紙野球デスク)

 だが、首位巨人、2位広島と直接対決する9月9日からのホーム6連戦の前にあったナゴヤドームでの中日戦では、まさかの3連敗。続いて、巨人にも3タテを食らい、完全に勢いが止まってしまった。

「ナゴヤドームでの初戦を落とした次の試合から、球場に姿を見せるトラ番記者の数が一気に激減しました。理由はズバリ、来季の後任人事を各所で探るためです。かつて、暗黒時代と称された1990年代後半は、毎年のようにお家騒動が勃発。7月半ばには、記者の数が半分くらいになり、残りは連日、球団オーナーや社長宅に夜討ち朝駆けするのが恒例でした。近年は、チームが強くなったことや、後任人事が探りやすくなったことから、それほど騒いでいませんでしたが、今回は違う。候補者が乱立しているため、本命馬、対抗馬がなかなか見えていないんです」(同)

 現状、新聞紙上では岡田彰布氏、金本知憲氏、矢野燿大氏、掛布雅之DCなどの名前が挙がっている。現状では「チームが3位以下になった場合、即後任人事の話題に移る」というだけに、お家騒動が全面に出てくるのは、時間の問題のようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング