“セフレ疑惑”NMB48・渡辺美優紀のじゃんけん優勝に、よしりん歓喜「これで過去の災禍は消えた」

日刊サイゾー / 2014年9月19日 0時0分

写真

 17日に行われた「第5回じゃんけん大会」で“ソロデビュー”を勝ち取ったNMB48・SKE48兼任の“みるきー”こと渡辺美優紀について、漫画家の小林よしのり氏が自身のブログで「おめでとう、みるきー!」と祝福した。

 かねてからAKB48ファンで知られる小林氏は、大会での渡辺に「地獄を見た女の一回り大きくなった姿」を見たといい、「これでもう過去の災禍はすべて消えた。苦境を経て自力で運を味方につけたのだ」と称賛。ソロ曲については、「カップリング選抜のセンターがこじはる(小嶋陽菜)! ゆきりん(柏木由紀)もいるし、抜群のメンバー構成じゃないか! これはもうヒット間違いなし!」と太鼓判を押している。

 渡辺といえば、小悪魔キャラでファンを増やし、山本彩と共にNMB48のダブルセンターを務めていた。だが、今年3月に「週刊文春」(文藝春秋)にモデルの藤田富とのお泊まりデートが報じられて以降、自然と立ち位置が後退。昨年の選抜総選挙では“選抜入り”を果たしていた彼女だが、今年は順位を落とし、“アンダーガールズ”に下がってしまった。

 また、藤田の“裏アカ”らしきTwitterアカウントが発見されたことにより、渡辺が“遊ばれていただけ”である可能性が浮上。それまでの小悪魔キャラが崩壊してしまった。

「渡辺のみならず、運営までもがお泊まり報道を完全スルーしたため、ファンの反感を買い、バッシングの的に。ダンマリの理由は、スポンサー絡みだともっぱら。報道前からパナソニックのイメージキャラクターを務めることが決まっていたため、肯定も否定もできなかったようです」(芸能ライター)

 一時は“卒業説”まで流れた渡辺だが、選抜総選挙の前あたりから、「必死さが面白い」と評判に。同選挙の速報で25位に転落すると、ファン宛てに「私にぴったりな曲なので、E-girlsの『ごめんなさいのKissing You』をフルで聞いてください」という旨のメッセージを送信。同曲は、女の子が浮気疑惑を弁明するような内容だったため、この遠回しなメッセージに「この子、やっぱり面白いわ」「あざとさこそが、みるきーの魅力」と、好意的な声が上がった。

 また、5月の「写メ会」では、運営の目を盗み、こっそりファンの手を握ったり、胸を押し付けたりと、過剰なファンサービスが話題に。「下品」との批判も上がったが、同時に「面白い」という評価も集まった。

「スキャンダルをきっかけに“本気を出した”渡辺ですが、それがファンにも伝わり、再評価につながっているようです。また、以前はよくある小悪魔キャラでしたが、スキャンダルを機により深味が増した印象。公開トークアプリ『755』では、相変わらずファンに『デートしたことない』などと返信していますよ(笑)」(同)

 じゃんけん大会後の取材では、ソロ曲について「かわいらしさを伝えるのは自信があるので、かわいい曲がいい」と、キャラをアピールした渡辺。小林氏の期待に応え、ソロ活動を成功させることはできるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング