プロ野球楽天・星野仙一監督、退任決断のワケ「負け戦はしない……」

日刊サイゾー / 2014年9月20日 16時0分

写真

 プロ野球・東北楽天ゴールデンイーグルスの星野仙一監督が18日、仙台市内の球団事務所で会見を開き、今季限りでの退任を発表した。昨年の日本一から一転、今年は最下位に沈む期間が長く「(退任の)直接の原因は成績」と言い切ったが、周囲では「それ以外にも大きな理由がある」という見方が強いようだ。

 そもそも“闘将”の去就問題は、9月に入って大きく揺れだした。

「9月に入ってから、スポーツ各紙が突如、星野監督の去就問題を報じ始めた。まあ、立花球団社長が言及したことに端を発しているのですが、“基本路線は続投”と書いた社が多かった。ただ水面下では、“体調不安を理由に退任するのでは?”という話はずっと出ていた」(スポーツ紙記者)

 会見でも、星野監督は5月に胸椎黄色靱帯骨化症を患い手術を受けたため、2カ月にわたって現場を離れたことに触れ「選手、ファンに大変迷惑を掛けた」と謝罪している。

「以前、阪神の監督を退任してSD(シニアディレクター)になった時も、高血圧による体調不安が引き金になっていた。“次、倒れたらもうダメ……”という気持ちは、周囲が想像する以上に大きかったと思いますよ」(同)

 ただ一方で、今季は田中将大、マギーという投打の軸がごっそり抜けて、厳しい戦いを強いられることはある程度見えていた。

「だからこそ、球団サイドも外国人選手の補強に力を入れていたのですが、ほとんど効果はなかった。元来、勝てる戦力が整わないと勝負の土俵に上がらないことで有名な星野監督が、今後の戦略を考えた時にあえて“負け戦”をせず、土俵から降りたという見方も非常に強い」(球界関係者)

 来季の監督最有力候補には、監督代行を務めたデーブこと大久保博元2軍監督の再昇格が濃厚となるが「球団内外にアンチも多く、就任すれば試合以外で良くも悪くも注目を集める可能性が高まる」(同)。

 大久保政権の船出は、前途多難といえそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング