ざわちんが“ともちん整形”フェイスを解禁! 「マスク外し宣言」で、歌手・バラエティに専念か

日刊サイゾー / 2014年9月25日 0時0分

写真

 “マスク外し宣言”をしたざわちんが、自身のTwitterで「マスクしても叩かれるしマスク外しても叩かれる。わたしになにを求めてるんだい。(笑)」と、世間の反応に戸惑いを見せた。

 ざわちんは、22日放送の『草なぎ剛の第22回がんばった大賞』(フジテレビ系)のオープニングで突然、「これを機に、これからありのままのメイクの時は、マスクなしでいこうと思いまして」と、“ものまねメイク”以外の仕事ではマスクを外すことを宣言。あらためて、自身のブログでも「ものまねメイクは今まで通りマスクをしますが、ざわちんとして出る時はマスクを外して出ていきたいと思います」と報告。さらに、「これからのざわちんはありのままに~です(笑) 面長の馬面に驚かないで下さいね」と呼びかけている。

 また、23日に出席したイベントでは、「ざわちんのファンというよりも“ものまねメイク”のファンが多く、これからどうしたら自分のファンができるのかと考えました。なのでマスクをはずして、私自身のファンも掴んでいきたいというのが本心」と理由を明かし、「自分は結構、男っぽい性格なので、おバカなこともできる。バラエティ番組にどんどん出演したい」とアピールした。

「マスクをしたざわちんに見慣れているせいか、口元への違和感を訴える視聴者は相変わらず多いようです。彼女はデビュー当時、より板野友美に似せるため、20本以上を入れ替える大がかりな歯科治療をはじめ、顎へのヒアルロン酸注射なども繰り返し受けている。整形手術を繰り返した顔に、なんとも言えない違和感を抱くのと同様に、彼女の口元にも“不自然さ”を感じ、批判につながっているのかもしれません」(芸能ライター)

 ざわちんといえば、当時AKB48の人気メンバーだった板野のそっくりさんとしてデビュー。デビュー前や、デビュー当時には“マスクなし”でメディアに露出していたが、“ものまねメイク”が注目されてからは、いつしかマスクがトレードマークとなった。

 しかし、6月放送の『SMAP×SMAP』(同)で、ブレーク後初となる素顔を公開。これをきっかけに“マスクなし”でいくものかと思われたが、その後出演した番組では、素顔での出演であっても“マスクあり”の状態に逆戻り。7月放送の『情熱大陸』(TBS系)では、あくまでもマスクをつけた状態が“ざわちん”であると主張し、8月放送の『おじゃマップ』(フジテレビ系)でもマスクをつけたままラーメンを食べ、「行儀悪い」と視聴者から批判が殺到。本人は謝罪し、「トレードマークなので」と理解を求める事態に追い込まれた。

「テレビでマスクの着脱が安定しなかった要因の一つが、スポンサー絡み。彼女の最たる収入は、PR会社から依頼される“商品PRイベント”の仕事。そこでは、マスクを外したざわちんは需要がないため、なかなか“マスク外し”に踏み切れなかったようです。しかし、彼女はもともと、歌手として芸能界に入っており、最近もテレビで歌手活動への未練を漏らしたばかり。加えて、タレント志向もかなり強いため、今回の宣言に至ったようです」(同)

 “ものまねメイク”という新たなジャンルを築きながらも、一般的なタレントのレールにも乗ろうとしているざわちん。誰でもないざわちんは、果たして芸能界で通用するのだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング