米倉涼子主演の『ドクターX』シリーズで、内田有紀のスピンオフ計画が進行中!?

日刊サイゾー / 2014年9月25日 13時0分

写真

 女優・米倉涼子主演のテレビ朝日系連続ドラマ『ドクターX~外科医・大門未知子~』の第3弾が、いよいよ10月からスタートする。

 第1弾、第2弾と高視聴率を記録した大ヒット作。撮影は先月中旬から始まっており、米倉は「これが最後のつもり」と、続編は制作されない見込み。スポーツ紙記者は「米倉さんのギャラはテレ朝史上最高額の1話500万円ともいわれています。本人もやる気満々で、髪の毛を約15センチ切ったそうです」と語る。

 米倉演じる主人公の大門未知子は、組織には属さず、天才的な腕を持ち、技術だけを武器に突き進むフリーランスの外科医。そのパートナーとして、米倉に負けない存在感を示しているのが、内田有紀演じるバツイチ麻酔科医だ。第1シリーズでの好演が認められ、継続出演。テレビ関係者によると「米倉さんは今作でのシリーズ終了を譲らない考えだが、テレ朝としては水谷豊さん演じるドラマ『相棒』に続くヒットシリーズにしたい。そこで浮上しているのが、内田さんを主人公にしたスピンオフ作品なのです」と明かす。

 『相棒』では2009年に六角精児主演の『鑑識・米沢守の事件簿』が、昨年には川原和久主演の『相棒シリーズ X DAY』がスピンオフ作品として劇場公開された。また、フジテレビの人気ドラマ『踊る大捜査線』でも、主演を務める織田裕二以外のキャストのスピンオフ作品が制作されている。

 内田が所属するのは、芸能界のドンが君臨するバーニングプロダクション。関係者によれば「ドラマにちなんだ、内田の写真集なんかも計画していているようです。米倉だけに手柄を独り占めされては、たまりませんからね。『ドクターX』人気に便乗して、ひと山当てようという算段のようです」という。

 気付けば、内田の『ドクターX』になっているかも!?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング