元モー娘・加護亜依、夫逮捕で芸能生活に“トドメ”!?「つくづく男運がない……」

日刊サイゾー / 2014年10月24日 18時0分

写真

 元モーニング娘。加護亜依の夫に逮捕状が出たという。知人男性に違法な高金利で資金を貸し付けていたなどとして、警視庁は出資法違反(高金利)容疑で指定暴力団山口組系組幹部の男を逮捕したが、同容疑などで別に男性2人の逮捕状を取っており、そのうちの1人が加護の夫の会社役員であることがわかった。

「加護の夫はAという人物。会社役員と報じられていますが、芸能人御用達のカラオケボックス『Mancy’s Tokyo』の運営にも携わっているそうです。2人は2011年にデキ婚しましたが、当時加護が23歳でAが44歳と、21歳もの年の差が話題を集めたものです。Aは結婚前に加護と同棲していた頃も、暴力団をかたった恐喝未遂容疑で逮捕されています。このときは加護も、警視庁に事情聴取されました」(スポーツ紙記者)

 何やらいわくつきの人物のようだが、このA、華原朋美の“元カレ”だったこともある。さらに、彼女が芸能界を追放されたキッカケとなったことでも知られる。

「華原が小室哲哉と別れた後、交際を始めたのがA。2人は同棲していましたが、AのDVが絶えなかったそうです。当時の所属事務所だったプロダクション尾木が見かねてAと別れることを華原に勧めましたが、それを拒絶したために契約を解除したんです」(同)

 加護は、Aと結婚する前には俳優の水元秀二郎と不倫騒動を起こしている。

「当時、水元の妻から裁判で訴えられ、200万円の慰謝料支払いが命じられました。男運が悪いというよりは、妻子持ちや年の離れたオッサンを選んでしまう加護の男を見る目のなさにも問題がありそうですけどね(笑)。加護はこの7月に、3人組アイドルユニット『Girls Beat!!』を結成して活動中ですが、デビューライブでは客も集まらず関係者を動員するなど苦戦中で、業界では今後の展開も悲観視されているありさま。そこに、夫への逮捕状ですからね。ダメージが大きいでしょう」(同)

 度重なる未成年喫煙で芸能界を追放され、なんとか復帰を果たしたものの迷走が続く加護だが、今回の件が彼女の芸能活動にトドメを刺すかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング