本丸は海外療養費ではない!? 再逮捕のローラ父をめぐる当局の攻防とは――

日刊サイゾー / 2014年10月29日 9時0分

写真

 バングラデシュでデング熱の診療を受けたと偽り、海外療養費をだまし取った詐欺の疑いで、タレントのローラの父親でバングラデシュ国籍のジュリップ・エイエスエイ・アル容疑者が23日、警視庁組織犯罪対策1課に逮捕された。

 同容疑者は2007年にバングラデシュでデング熱にかかり、病院で約1カ月診療を受けたとする虚偽の申請書を、当時住んでいた東京都多摩市に提出。海外療養費約98万円を同市からだまし取ったとされる。

 組対1課によると、ジュリップ容疑者は「入院したのは間違いない」と容疑を否認している。

 一方、バングラデシュ警察は、警視庁の照会に「病院には来ていない」と回答。申請書の医師のサインやゴム印は偽造されたものだったという。

 同様の手法で、07年に民間保険会社2社から計約54万円、12年に別の1社から約49万円の保険金を詐取した疑いがあるとみられている。

 ジュリップ容疑者は7月にも同様の海外療養費を世田谷区からだまし取った詐欺容疑で逮捕されたが、東京地検が8月「現時点では起訴するに足る証拠がない」として処分保留で釈放していた。

 その際、同容疑者は待ち構えた報道陣に向かって、娘ローラのトレードマークの「OKポーズ」を頬で作り「ローラ、頑張ってね。パパ、もう大丈夫だから。何も問題ないから。OK!」などと勝ち誇っていた。

 これに大激怒したのが当局だ。警察関係者は「再び捜査員をバングラデシュに飛ばし、徹底的に調べ上げた。今回は有罪に持っていける証拠をそろえている。OKポーズで“挑発”された警察が、メンツをかけて反撃に出た」と話す。

 今後は余罪を含め、当局の厳しい追及が待っている。

「疑惑は今回の海外療養費の問題だけではない。当局はジュリップ容疑者をパキスタン系マフィアの幹部と見ていて、外国人の不法就労にも関わっていると踏んでいる。実際、過去に親族に不法就労疑惑が浮上し、ジュリップ容疑者の関与がささやかれた。本人は全否定していたが、その後、逃げるように日本を去った」(週刊誌デスク)

 さすがのローラも、今回ばかりは仕事面でダメージを負いそうだ。テレビ関係者は「親の罪を娘に背負わせるのは酷ですが、やっぱりイメージが悪い。現に父親の1回目の逮捕以降、彼女のレギュラー番組は減り続けている。堅調だったCMについても、2回目の逮捕を受け、契約見直しの検討に入ったクライアントもあるそうだ。父親が本当にマフィア幹部だったらなおのこと」と話す。

 ローラの憂鬱な日は続きそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング