道端ジェシカ、ジェンソン・バトンとの結婚発表“するする詐欺”でマスコミ大困惑!?

日刊サイゾー / 2014年11月5日 11時0分

写真

 英国人のF1ドライバー、ジェンソン・バトンと婚約中の人気モデル・道端ジェシカが10月25日、映画初出演で初主演を務めた『シャンティ デイズ 365日、幸せな呼吸』の初日舞台あいさつに登場した。

 左手薬指の指輪を光らせ「舞台あいさつも初めてで、朝からドキドキしていた」と声を弾ませたジェシカだが、この日も結婚については一切触れなかった。これには、イベントのたびに呼び込みをかけられる各メディアも、あきれ果てているという。

「9月には、PR会社が『結婚について話す』と呼び込みをかけたイベントで、ジェシカ本人がウェディングドレスで登場。にもかかわらず、結婚について質問した記者にジェシカが『分かりません』と答え、集まった報道陣と主催者の間でひと悶着あった。その後、一部で12月に海外で挙式することが報じられた。ジェシカはこのところ立て続けにイベントに登場しているが、報道陣からその件を聞かれてもうまくはぐらかし、妹の道端アンジェリカも口が堅い。これでは“結婚発表するする詐欺”ですよ(苦笑)」(ワイドショー関係者)

 ジェシカの結婚については、「週刊新潮」(新潮社/10月9日号)で報じられたが、結婚式は12月29日にハワイ・マウイ島で行われることが決定し、すでに招待状も送付済み。ハワイは2人が出会った地で、式の前日、出席者はジェシカからホエールウォッチングに招待されているそうで、ジェシカは確実に鯨を見るために同時期に挙式を決めたというのだ。

「バトンの母国・英国ではパパラッチからBBCの記者までもが結婚式のスクープを狙っていて、それもあってジェシカがオープンにしないのでは、といわれている。ただ、バトンといえば、もともと遊び人として知られるだけに、ギリギリになって婚約破棄なんていうことにならなければいいのだが……」(モータージャーナリスト)

 資産100億円超ともいわれているバトンだけに、結婚後、ジェシカには悠々自適なセレブ生活が待っているはずだが、そのせいもあってか、今後、日本での活動はそれほど重要視していないようだ。

「長年、タモリ、永作博美、堺雅人らが所属する少数精鋭の大手に所属していたが、最近、その事務所のサイト上からプロフィールが消えた。方向性の違いから退社したといわれており、現在は、前の事務所が取った仕事を消化しているだけ。今後、姉・カレン、妹・アンジェリカの事務所に移籍するか、それともバトンとの結婚を見据え、個人事務所を立ち上げてマイペースで活動するのかは未定のようだが、わざわざ集まった報道陣に対して“リップサービス”して媚びを売る必要がない」(芸能プロ関係者)

 いずれにせよ、結婚式の時期が注目される。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング