「ほかの二世俳優に負けるな!」女優・高畑淳子が2人の子どもに熱血演技指導で“教育ママ”に!

日刊サイゾー / 2014年11月11日 18時0分

写真

 2014年秋の紫綬褒章受章者が2日に発表され、受章者に選ばれた女優の高畑淳子。長年、テレビや舞台などで幅広く演劇の魅力を伝えたことが評価されたという。

「この秋も高視聴率ドラマ『ドクターX ~外科医・大門未知子~』(テレビ朝日系)や、綾瀬はるかさん主演の『今日は会社休みます。』(日本テレビ系)に出演するなど、女優として相変わらずの活躍を見せています」(テレビ局関係者)

 そんな順風満帆な彼女が今、一番頭を悩ませているのが、同じ女優と俳優を職業にしている娘の高畑こと美と、息子の高畑裕太のことだという。

「高畑さんは、自分のセリフ覚えや本読みよりも、子どもたちの稽古相手を優先しているそうなんです。子どもたちには、新しい脚本が来たら自宅で本読みをさせるなど、かなり“教育ママ”になっているとか。芸能界は二世俳優が多いことから『ほかの二世には負けるな!』と、いつもハッパをかけているようですね」(芸能事務所関係者)

 その“熱血指導”が実ってか、こと美は、NHK大河『軍師官兵衛』に出演し、息子の裕太は来年3月から放送のNHK朝の連続テレビ小説『まれ』に出演が決まった。

「息子さんの出演が決まったときには自身のブログで報告するなど、かなり喜んでいました。それで高畑さんも『私も朝ドラに出たい!』と公言しているそうですよ(笑)」(NHK関係者)

 親子共演なるか――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング