『殉愛』百田尚樹氏、成功の裏に綿密な根回し「“芸能界のドン”と会わせてくれ!」

日刊サイゾー / 2014年11月14日 9時0分

写真

 作家の百田尚樹氏が11日、自身のTwitterを更新し、今年1月に食道がんで亡くなったやしきたかじんさんの闘病生活をつづった著書『殉愛』(幻冬舎)について、ネット書店・Amazonに書かれた誹謗中傷にブチ切れた。

 同書は、たかじんさんの妻さくらさんの日記や証言を基に、百田氏が300時間以上も取材を重ねたノンフィクション本。これまで明かされなかった闘病生活に加え、遺産をめぐって対立するたかじんさんの娘や母親、さらに元マネジャーへの辛らつな告発が目を引く内容となっている。

 初版は強気の25万部。この手の告白本では異例とも言える部数だ。

 それだけに、百田氏も神経を尖らせているのだろう。11日午後3時過ぎに自身のTwitterを更新し「未亡人に対する誹謗(ひぼう)中傷がひどすぎる! 実態も真実も何も知らない第三者が、何の根拠もなく、匿名で人を傷つける。本当に人間のクズみたいな人間だと思う!」と激怒。続けて「未亡人に対するいわれなき中傷レビューを、真実を何も知らない第三者が面白がって『参考になる』ボタンを押しているのが、本当に腹が立つ。非難されるところなど何もない未亡人を攻撃して、何が楽しいのか。恥を知れ!」と批判した。

 だが、業界関係者の間ではシラケムードも漂っている。

「本の内容は確かに衝撃的ですが、ノンフィクション本と呼ぶのはいかがなものか。対立する娘や元マネジャーへの取材は行っておらず、さくらさんの言い分に丸々乗っかった形ですからね。評価は分かれているし、たかじんさんを想う人から『何もこのタイミングで出さなくても……』という声も上がっています」(テレビ関係者)

 百田氏自身に対しても「いつからそんな大物になったんだ!」とブーイングが飛んでいる。

 確かに著書は出せば大ヒット、NHKの経営委員にも名を連ねる御仁ではあるが「もともとの出は、バラエティ番組の放送作家。だからこそ、芸能界のメカニズムをよく理解していて、どこの誰とつながれば“力”を持てるか分かっていた。そこで接近したのが、“芸能界のドン”ことバーニングプロダクションの周防郁雄社長です。一時期、百田氏が各方面に『周防社長との会食をセッティングしてくれ!』とお願いして回っていました」(芸能プロ関係者)

 一部では現在、百田氏を全面バックアップしているのは周防社長ともウワサされているが、実際は「百田氏から何度もお願いされ、仕方なく食事をするようになった仲。今でこそ親密になりつつありますが、『何かあったら俺が守る』的な関係ではありませんよ」(同)

 それでも百田氏はドンと何度も会食を重ねたことで、自分を大きく見せることに成功。マスコミにも顔が利くようになり「次第に勘違いするようになってきた」(週刊誌記者)という。

 百田氏は9日放送の『Mr.サンデー』(フジテレビ系)でオンエアされた自著の再現VTRに対しても、Twitterで「VTRは実にひどい作りやった!作り手に技術がないのはもちろんだが、何よりも愛がない!」と言いたい放題だった。

「同番組の司会を務める宮根誠司こそ周防社長と昵懇の仲。それを知った上で百田氏が批判しているのであれば『調子に乗るな!』ということになる」とは、ある芸能プロ幹部。

 いきり立つ百田氏だが、少しクールダウンしたほうがよさそうだ。


日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング