高橋真麻、小林麻耶、馬場典子……フリー転身後の勝ち組は女子アナは?

日刊サイゾー / 2014年11月15日 19時0分

写真

 先日、結婚を発表したフジテレビの生野陽子アナや、過労が原因で番組中にダウンした加藤綾子アナなど、このところ、人気女子アナのフリー転身がささやかれている。局アナに比べ、時間の融通が利き、収入も大幅アップするという話もよく耳にするが、一方で元日テレの脊山麻理子アナは退社後に仕事がなく、金欠状態だったとか。そこで今回は、フリーアナウンサーのテレビ出演状況を調査してみた(2013年11月~2014年10月のプライムタイムで集計)

1位 長野智子(元フジテレビ)
出演回数:249回
主な出演番組:『報道ステーション』『報道ステーションSUNDAY』(テレビ朝日系)

 2位以下を突き放し、ダントツの1位。主な出演番組は、2004年から出演している『報道ステーション』。テレ朝以外の露出はほぼゼロ。司会の古舘伊知郎らが設立した古舘プロジェクト所属。

2位 高橋真麻(元フジテレビ)
出演回数:73回
主な出演番組:『メレンゲの気持ち』(日本テレビ系)、『有吉弘行のダレトク!?』(関西テレビ)

 13年にフジテレビを退社後、バラエティ番組を中心に活躍。局アナ時代は長年パッとしなかったが、現在は民放各局でひっぱりだこで、多忙を極めている。『地獄先生ぬ~べ~』(日本テレビ系)では女優デビューも果たした。

3位 魚住りえ(元日本テレビ)
出演回数:46回
主な出演番組:『ソロモン流』(テレビ東京系)、『皇室が愛した風景』(BS-i)

 04年に後輩の森圭介アナと結婚、同年に日テレを退社したものの、翌年には離婚。12年に4歳年下の会社員と再婚。現在はナレーションの仕事が多い。

4位 杉崎美香(セント・フォース)
出演回数:44回
主な出演番組:『世界ナゼそこに?日本人』『FOOT × BRAIN』(テレビ東京系)

 信越放送アナウンサーを経て、03年にセント・フォースに入社。入社直後にフジテレビの『めざにゅ~』メインキャスターに抜擢される。現在はテレ東での出演が大半を占めている。

5位 小島慶子(元TBS)
出演回数:39回
主な出演番組:『クイズプレゼンバラエティーQさま!!』(テレビ朝日系)、『ハートネットTV』(NHK教育)

 10年にTBSを退社、ラジオパーソナリティ、タレント、エッセイストなどマルチに活躍。今年2月に一家そろって、自身の出身地であるオーストラリアのパースへ移住した。現在は月の約半分を単身帰国し、芸能活動を続けている模様。

 6位以下は、馬場典子(元日本テレビ/36回)、平井理央(元フジテレビ/33回)、山岸舞彩(セント・フォース/33回)、皆藤愛子(同/27回)、三雲孝江(元TBS/27回)となっている。

***

 かつて女子アナブームを牽引した元フジテレビの内田恭子や高島彩は、現在子育て中ということもあって、露出は少なめ。一方、トップ10圏外とはなったが、元TBSの小林麻耶が、アラサーブリッコキャラとして、新境地を開拓。今後、じわじわとブレークしそうな予感だ。そして、10月からフリーになった、同じく元TBSの田中みな実がどこまで健闘するのかにも、ぜひ注目したい。
(提供:テレビ出演ランキングhttp://www.tv-ranking.com/>)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング