『あまちゃん』だった可能性も!? 大ブレークの松岡茉優に“宮崎あおい以上”のオファーが殺到中

日刊サイゾー / 2014年11月19日 11時0分

写真

「オファーが殺到しすぎて、事務所も処理するのが大変みたいですよ。弱冠19歳にして、その数は一時期の宮崎あおいさん以上だとか」(芸能事務所関係者)

 映画『桐島、部活やめるってよ』や、NHK連続テレビ小説『あまちゃん』での好演が話題を呼んだ女優の松岡茉優。

「現在は映画にドラマにバラエティにと、八面六臂の活躍を見せています。20歳以下の女優では、ダントツでしょう。彼女と高畑充希さんは演技もしゃべりもいけるので、重宝されているようですよ。知名度も浸透してきているので、今後はCMも増えていくでしょうね」(テレビ局関係者)

 やはり大きいのは、昨年『あまちゃん』で、主人公の能年玲奈と同じアイドルグループのリーダー役を務めたことだろう。

「実は、彼女はその『あまちゃん』になる可能性があったんです。最終オーディションに残ったのは、能年さんと松岡さんだったと聞いています。甲乙つけがたかったようですが、最後は僅差で能年さんに決まったとか。ただ、松岡さんに対するNHKの評価は高く、同じアイドルグループのリーダー役に抜擢したんです。それ以来、NHKのドラマにもいくつも出ていますから、今後は大河でも名前が挙がるのは間違いないですよ」(NHK関係者)

 事務所の先輩である宮崎あおいは大河ドラマ史上最年少で主演を務めたが、その記録を更新するのは彼女かもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング