“稼ぎ頭”向井理の結婚を事務所が止めない理由と、和田アキ子との意外な関係とは

日刊サイゾー / 2014年11月25日 13時0分

写真

 俳優の向井理が女優の国仲涼子と来月にも入籍することが分かり、女性ファンの間で悲鳴が上がっている。

 2人は2012年放送のドラマ『ハングリー!』(フジテレビ系)の共演がきっかけで、交際をスタート。すでに向井は役者仲間らに、時期も含め結婚することを報告している。また、ドラマの共演者らが集まった食事会の席に国仲を呼んで、ツーショットで結婚報告もしているという。

 向井といえば、今月8日に発表された「結婚したい男性芸能人」ランキングで、並み居るイケメンたちを抑えて1位になったばかり。その矢先の結婚に女性ファンが悲鳴を上げるのは当然だが、所属事務所としても大きな痛手に違いない。

「よく結婚を許したなと思われるかもしれませんが、向井さんは仕事とプライベートはきっちり分けるタイプで、そのことは事務所側も理解しているのです。向井さんの事務所の社長は、あの和田アキ子のマネジャーを務めていた人物。『めでたい話を邪魔しちゃいあかん』という和田さんの教えを継承している部分もあります」

 そう明かすのは、向井を知る関係者。年末年始は必ず休むことも、向井の強い要望によるものだ。

「この業界に入ってすぐ、社長に『普段の仕事はきちんとこなすから、年末年始は絶対に休ませてください』とお願いしている。年末は地元横浜に帰り、大学時代の友人と飲み明かすことを毎年の取り決めにしている。その間は、事務所スタッフもよほどのことがない限り、本人に連絡すらしないそうです」(同)

 このタイミングで国仲との結婚を決めたのも、私生活を大事にする向井らしく「1日も早く子どもが欲しい彼女の気持ちを汲んでのもの。今年の年末は子作り休暇になるでしょう」(テレビ関係者)という。

 女性ファンは、きっぱり諦めるしかないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング