沢村一樹『DOCTORS 3』気合十分で下ネタ連発中! テレビ朝日の“脱『相棒』”は成功するか

日刊サイゾー / 2014年11月28日 13時0分

写真

 沢村一樹主演の人気連続ドラマのシリーズ第3弾『DOCTORS 3~最強の名医~』(テレビ朝日系)の放送が決まった。

「来年の1月クールでやるというのは前々から決まっていたのですが、バトンを受け取る相手が今季絶好調の米倉涼子さん主演『ドクターX ~外科医・大門未知子~』ですからね。現場も『こっちも平均20%超えを目指そう!』と、士気が高まっていますよ」(番組スタッフ)

 連ドラ放送前にはスペシャル番組も放送するという、“異例”の厚遇だ。

「その代わりかどうかはわかりませんが、連ドラの第1話のゲスト出演はないそうです。通常、第1話で豪華ゲストを持ってきて視聴率獲得を狙うのですが、あえて特別なゲストは出さないようです。高額なギャラもかからないですし、あくまで中身で勝負しようというスタッフの意思の表れですね」(芸能事務所関係者)

 主演の沢村も、かなり気合が入っているようで……。

「ちょうど今週からクランクインしました。相変わらず“下ネタ”発言はありますが、表情は真剣そのもの。このドラマに懸ける思いは伝わってきますよ。背負うものが大きいということは、本人も分かっているようです」(テレビ朝日関係者)

 それもそのはず、テレビ朝日としてもこのドラマに“社運”を賭けているというのだ。

「『相棒』が昔ほどの存在感を示せなくなっている今、米倉さんの『ドクターX』と沢村さんの『DOCTORS』をドラマの2本柱にしようと考えているんです。もちろん、今すぐ『相棒』にとって代わるのは難しいですが、テレ朝にとって“脱『相棒』体制”は既定路線。刑事物から医療物へのシフトチェンジは、着実に進んでいるようです。そのためにも、最低でも平均15%は取ってもらわないと……」(同)

 果たして、テレビ朝日の“オペ”は成功するのか――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング