俳優・宮川一朗太に“プチブレーク”到来中『半沢直樹』効果は、まだまだ続く!?

日刊サイゾー / 2014年12月7日 11時0分

写真

「オファー殺到中というわけではないんですが、確実にスケジュールは埋まっている。“プチブレーク”状態ですね。やはり『半沢直樹』効果でしょう」(テレビ局関係者)

 昨年放送され、いまだに話題に上がるドラマ『半沢直樹』(TBS系)に出演していた宮川一朗太。

「今、中年役のキャスティングをするときには、真っ先に名前が挙がっていますね。物腰が柔らかい上に、芝居も上手ですからね。おまけにギャラも、1本50万円いかないという安さです」(ドラマ関係者)

 転機は、オスカープロモーションに移籍したことだという。

「彼は2010年にオスカーに移っているのですが、そこからバラエティ番組にも力を入れるよう指示されたそうです。そこでトーク力を磨いたり、局の人に営業を行ってドラマ出演につなげるということをしていたようですね」(テレビ局関係者)

 その結果が、話題のドラマ『JIN-仁-』(同)や『半沢直樹』、映画『るろうに剣心』への出演となった。

「今後も主役ではなく、名バイプレイヤーとして活躍していきたいそうです。目指すポジションは、尾美としのりさんや光石研さんだとか。渋いところですが、確実に需要はありますからね」(芸能事務所関係者)

 来年も、“渋い”役で見る機会は増えそうだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング