「女プロデューサーが4人のメンバーと寝たことが……」SMAP“枕営業”騒動のマユツバ度

日刊サイゾー / 2014年12月16日 11時0分

「SMAPのメンバー4人が、女性プロデューサーに枕営業をしていた」

 芸能記者の松本佳子氏が堂々と公言した話に、業界もファンも騒然だ。11月10日に放送されたインターネット番組内で、「枕営業」をテーマに数名の出演者がトークした際、松本氏が冒頭の話をしたのだ。

「ある女プロデューサーがね、SMAPの5人のメンバーのうち4人と寝たことがあるって……」

 こんな衝撃的なネタながら、番組内では“いつどこでどんな状況で”といった詳細を、共演者であるほかの記者は誰も突っ込むことはなく「5人のうち、ハズれたひとりは誰だ?」というズレた話に展開。松本氏は、それが草なぎ剛だと答えていた。

 また、女プロデューサー側が「メンバーを食った」という言い方をしたため、共演者からは「枕営業というのは、タレント側からアプローチして仕事を取るという話だけど、この場合は枕営業のニュアンスとは違うのでは」という横やりもあった。ただ、そうした話以前に、ファンの間ではこの話に信ぴょう性があるのか、という声が噴出中だ。

「その女プロデューサーって誰だ?」
「記者なら事実をもっと詳しく語るべき」
「ジャニーズが管理する中で、そんなこと実際に起こりえるのか?」

 SNSサイトのSMAPファンが集まるサークルでは、この番組を見た視聴者が一部音声を保存しその内容を伝えて議論しているが、業界関係者はこの話に異議を唱える。

「顔を出した記者が真顔で言えば視聴者は信じてしまうかもしれないが、どう聞いてもウサン臭い話。そんな話を聞けば、共演者はだまっていないだろうし、何も聞かずにいるなんて番組としてもおかしい。これが松本氏の作り話でないなら、その女プロデューサーは大問題。過去、SMAPと深く絡んだ女プロデューサーなど数名しかいないから業界人なら該当者を絞れてしまうし、ジャニーズ事務所としても看過できない話では」(放送作家)

 一般的な感覚からすれば、おおよそ信ぴょう性が高そうには聞こえないのだが、SMAPの出演番組を手掛けたことがあるテレビプロデューサーに話を聞くと「もう少しまともな話ないの?」と失笑。

「真面目に答えるのもバカバカしいんだけど、SMAPって90年代前半には人気爆発していて、各メンバーが1人の女プロデューサーと次々に寝なきゃいけないほど困ってないわけ。じゃあその前の下積み時代は? って言ったら、香取慎吾なんて11歳でデビューだし、最年長の木村拓哉、中居正広も15歳だった。その頃は未成年とあって、行き帰りに親が付きっきりで不可能。もっとも5人のうち4人という話なら、森且行の脱退した96年以降ということになるけど、それってフジの『SMAP×SMAP』が始まった頃で、翌年からずっとタレント好感度1位。金も地位もあるタレントが、そろってわざわざ女プロデューサーと寝なきゃいけない理由がどこにある? 真実だというなら、この記者はきちんと証拠を提示して話すべきでは」(同)

 ジャニーズ事務所にこの話について聞いてみたところ「なんのことだか分かりません」と一蹴。当の発言をした芸能記者の松本佳子氏に質問してみたが、回答はなかった。
(文=鈴木雅久)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング