和解狙い!? 『殉愛』で“99%負ける”訴訟前に毒を吐き続ける百田尚樹氏の本心とは

日刊サイゾー / 2014年12月16日 13時0分

写真

 歌手・やしきたかじんさんの闘病生活をつづったノンフィクション本『殉愛』(幻冬舎)をめぐる争いが、なおも続いている。

 同書で名誉を毀損されたとして、たかじんさんの長女が出版元の幻冬舎に出版差し止めと1,100万円の損害賠償を求める訴えを起こしたが、同書の著者・百田尚樹氏も黙ってはいない。自身のTwitterで「今まで言わなかったこと、本には敢えて書かなかったいろんな証拠を、すべて法廷に提出する」「一番おぞましい人間は誰か、真実はどこにあるか。すべて明らかになる。世間はびっくりするぞ」となどと、なかば恫喝めいた予告をしている。

 週刊誌も両者の代理戦争を展開中だ。「サンデー毎日」(12月14日号/毎日新聞社)は、長女の代理人弁護士を取材。たかじんさんを偲ぶ会で、さくらさんへヤジを飛ばしたことや、病床のたかじんさんに「自業自得」とメールしたとする『殉愛』の記述を否定した。

 「週刊朝日」(12月19日号/朝日新聞出版)も、「百田尚樹さん、事実は違う。なぜ、私に取材しなかったのか」との大見出しで、百田氏サイドのずさんな取材手法を批判した。

 一方「週刊文春」(12月18日号/文藝春秋)には百田氏の文章が寄稿され、さくらさんの重婚や遺産目当ての結婚疑惑を否定し、それらを同書で記さなかったのは「私が描きたかったのは、凄絶とも言える闘病と愛の最後の二年間だったからです」と主張。「週刊新潮」(12月18日号/新潮社)も、表向きは「当事者双方インタビュー!」としているが、さくらさん擁護の言い分が目立つ。

 こうした状況について、出版関係者は「『文春』の文藝春秋社、『新潮』を発行する新潮社、これに『フライデー』や『週刊現代』を出版する講談社にとって、百田氏は“作家大先生”。彼の批判など、できるわけもない。百田氏はそれらを利用して、自分たちに有利な流れに世論を誘導しようとしている」と話す。

 ここまで百田氏サイドが躍起になっている背景には、長女との裁判が敗訴確実とみられているからだ。

「99%負ける。仮に著書で書いた内容が事実であっても、訴訟のポイントは長女にまったく取材もかけずに、誹謗中傷した本を勝手に出版した名誉毀損だからです。出版差し止めはどうなるかわかりませんが、数百万円の損害賠償は発生するでしょう」(法曹関係者)

 敗訴した場合、キズがつくのは百田氏だけだ。

「出版元の幻冬舎は、本がヒットしているので数百万円の損害賠償など痛くもかゆくもない。むしろ『話題になった』と、ほくそ笑んでるはずですよ。しかし、百田氏は違う。今後、ノンフィクション本を出すことはかなわないでしょう」(同)

 過激な物言いも、不安の裏返し。芸能プロ幹部は「百田氏サイドはTwitterや御用メディアを使って長女側に『さらなる爆弾を投下するけど、それでもいいのか』と圧力をかけることで、和解を引き出そうとしているのではないか」と指摘する。

 狙い通り和解となるか、それとも泥沼の法廷闘争になるのか――。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング