バイきんぐ・小峠に“ぶりっ子ポーズ”を強要した坂口杏里に、視聴者が悲鳴「末恐ろしい女」

日刊サイゾー / 2014年12月18日 0時0分

写真

 タレントの坂口杏里(23)と交際をスタートさせたことを発表したバイきんぐの小峠英二(38)が17日、情報番組『ノンストップ!』(フジテレビ系)にVTRで出演。交際までの経緯を初めて明かした。

 交際の申し込みは10日に行ったといい、坂口の部屋を訪れた小峠は「付き合ってください」と告白。これに坂口は、感情を出すことなく「はい」と答えたという。

 坂口に好意を持たれていると知りながら、長らく交際に踏み切れなかった小峠。その理由を「15歳の年齢差で、一歩が踏み出せなかった」とし、「昔だったらたぶん、すぐ付き合ってたような気もするんですけど、(今は)慎重というか……」と、申し訳なさそうに語った。

 小峠を突き動かしたのは、やはり12日発売の「フライデー」(講談社)に、イチャイチャ写真が掲載されることが分かったからのようで、小峠は流出写真で見せた“ぶりっ子ポーズ”について「(坂口に)一緒にやってくれって言われたから、やった」と説明。「まさか、こんな無防備な写真が全国誌に乗るなんて、思いもしなかった。これは恥ずかしい……」と、うつむいた。

 ネット上では、流出写真について、坂口が作為的にリークしたと見る向きが圧倒的。「ポーズ取らせて、フライデーに持ち込むとか怖すぎ」「マスコミ使って告白させるとか……」「末恐ろしい女」「なんか笑えない話だな」といった声が目立つほか、「小峠、逃げてー!」「小峠が、一回り小さくなった」「もっと髪の毛なかった?」と、小峠に同情する人も多い。

「坂口の粘り勝ちに、女性から共感を得てもいいような話題ですが、世間の大半は小峠に同情的。しかし、9月下旬に2人の交際疑惑が報じられてからというもの、それぞれの仕事は増加。バイきんぐは『キングオブコント2012』で優勝したものの、その後、急速に仕事が減っていきましたから、所属事務所は、“坂口様様”のようです」(芸能ライター)

 プライベートの切り売りで、仕事を増やすことに大成功した坂口と小峠。晴れて恋人同士となった2人は、今後、どんなことをぶっちゃけていくつもりだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング