テレビで加藤茶よりもペラペラしゃべる妻・綾菜さんに「芸能人でもないのに」「ブログと顔が違う」の声

日刊サイゾー / 2015年1月6日 0時0分

写真

 タレントの加藤茶と、妻の綾菜さんが、5日放送の『ノンストップ!』(フジテレビ系)に出演。加藤の重病説について、真相を明かした。

 加藤は、昨年6月放送の旅番組『鶴瓶の家族に乾杯』(NHK)に出演。うつろな目でぼーっと一点を見つめたり、ろれつの回らない様子に、視聴者から「病気なのでは?」との声が相次いでいた。

 この直後、綾菜さんは「収録後に病院連れていったの! そしたら風邪だったの」「今はかなり元気だよ」とブログで報告。加藤の所属事務所も、鶴瓶自身の問い合わせに対して「コンディションが悪かっただけ」と説明し、「あれでいいんです」と告げたという。

 しかし、『ノンストップ!』では一転、加藤は収録前から体調が悪く、『鶴瓶の家族に乾杯』収録後に全身が痙攣していたことを告白。原因は、常用薬である心臓の薬と、別の薬の“飲み合わせ”にあったといい、体から薬を抜く治療をするために約1週間にわたり入院。その時、綾菜さんは付きっきりで、献身的に面倒を見ていたとか。

 2人はほかにも、結婚後に受けたバッシングについて告白。綾菜さんは1日200~300件もの「死ね」メールが送りつけられたほか、自身の自転車を何者かにバッドでぐちゃぐちゃに叩かれ、夜中に木に吊るされた経験もあり、結婚半年後には「精神的におかしくなった」という。

 さらに、カメラは2人の正月に密着。夫婦のラブラブぶりや、加藤より年下の綾菜さんの父との仲良しぶりが全面に押し出された内容に、スタジオのバナナマン・設楽統やLiLiCoは、「最高の家族!」と大絶賛した。

 しかし、ネット上では「嘘くさい」「素直に受け取れない」「裏がありそう」と夫妻を訝しむ書き込みが殺到。さらに、「綾菜の顔が、ブログと全然違う」「ブログの写真より太ってる」と容姿への指摘も。残念ながら、バッシング被害への同情や、家族への賛辞は少ない。

「綾菜さんといえば、アクセサリーを販売するネットショップの“ぼったくり疑惑”をはじめ、“整形疑惑”“年齢詐称疑惑”“元水商売疑惑”、加藤のブログの“代筆疑惑”など、疑惑のオンパレード。また、結婚前に『金持ちと結婚する会』なる謎の団体に出入りしていたことも発覚し、昨年は女性週刊誌が発表した『嫌いな芸能人夫婦ランキング』で首位に。綾菜さんはこれまでも、テレビに出演しては良妻ぶりをアピールしてきたが、そのたびに『疑惑の払拭に必死』などと毒づかれてきた。そもそも、芸能人でもない綾菜さんが、芸能人気取りで派手なファッションや日常をブログに綴ったり、テレビに出演して加藤よりもペラペラしゃべる姿は、多くの人が理解に苦しんでいる。バッシングは、今後もなくなりそうにありません」(芸能ライター)

 45歳差婚で注目を浴び、“加藤茶の嫁”というだけでメディアに露出し続ける綾菜さん。この夫妻が「好きな芸能人夫婦」にランクインされる日は訪れるだろうか?

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング