韓流の次は矢口真里をゴリ押し!? テレ東にも抜かれた“大惨事”フジテレビの断末魔

日刊サイゾー / 2015年1月8日 17時0分

写真

 不倫騒動の影響で、いまだにバッシングが続く矢口真里だが、彼女の起用が続いているフジテレビに、批判が寄せられている。

 矢口は、同局で7日放送の『ホンマでっか!?TV 人生相談4時間半SP』に出演。「私、ホントに肉食ですから。そこは隠しはしないです。好きになったらもう、すごいんです。まっすぐいっちゃうんで」と、改めて肉食系宣言。恋人の梅田賢三氏については、「彼は、本当にいい人」「最近は、友人に彼を会わせて、良い人アピールキャンペーンをしている最中」などとノロケつつも、「結婚願望はない」と語った。

 これに、ネット上では、「矢口をテレビに出すな」などと批判が殺到。さらに、フジテレビにまでバッシングが及んでいる。

「先月、『めちゃ×2ユルんでるッ!』(フジテレビオンデマンド)で、4時間以上にわたり矢口特集を組んだフジですが、今年の矢口の出演番組は、すべてが同局。元旦放送のニュースバラエティ『ワイドナショー 元旦SP』、翌日放送されたくりぃむしちゅー・有田哲平のトークバラエティ『オスカフェ』、『ホンマでっか!?TVSP』と、出演が続いています」(芸能ライター)

 フジテレビといえば、年跨ぎ番組『2014→2015 ツキたい人グランプリ~ゆく年つく年~』でも、矢口を起用。同局のカウントダウンは、矢口が「ボーン」と鐘をつく映像で新年を迎えた。

「矢口復活を後押しするフジに、『韓流の次は、矢口か?』なんて揶揄も。昨年、視聴率低迷ばかりが話題となった同局ですが、今年も年明け1週目から、夜帯(ゴールデン、プライム)の週間平均視聴率でテレビ東京に抜かれる大惨事。亀山千広社長は、5日の社員への新年挨拶で『視聴者の心を捉えられていないことが、すべてだと思う』『自分たちがすべきことは、“視聴者に対するサービスである”ということを、改めて考えてもらいたい』などと訓示しましたが、矢口のゴリ押しで、早くも視聴者の心は離れています」(同)

 2015年のフジテレビは、矢口と心中するつもりだろうか?

日刊サイゾー

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング