榊原郁恵と離婚危機報道の渡辺徹、妻の“身内”を不倫ナンパして万事休す!?

日刊サイゾー / 2015年6月3日 11時0分

写真

 タレントの榊原郁恵に、夫で俳優の渡辺徹との離婚危機が報じられている。榊原は渡辺の浮気が原因で、これまで何度も離婚を考えてきたといわれ、5月17日に渡辺の母、美江子さんが亡くなったが、故人が長く夫妻の間を取り持っていたことから、榊原がついに決断するという話だ。

 発売中の「女性セブン」(小学館)によって伝えられたものだが、実はそこに書かれていない渡辺の浮気話がほかにもあり、テレビ関係者によると「女性ディレクターにまで手を出そうとしたことが、妻の耳に入っていたようだ」という。

 渡辺は3年前、ロケ中に倒れて出演予定だった舞台を降板。自宅療養の末に心筋梗塞の手術を受けた。かねてから暴飲暴食を繰り返し、太りすぎで10年前から糖尿病を患っていた渡辺に代わって、海外ロケにまで出て仕事を増やしていた榊原は「私の努力で彼をやせさせてみせます」と宣言。実際に退院後は食生活を改善し、10キロの減量を成功させた。だが、身軽になった渡辺は、その翌年に、仕事中に出会った20代の女性ディレクターAさんに言い寄ったことがあったという。

「その女性はAKB48の川栄李奈に似たかわいらしい子で、恋人と破局したばかりであることをたまたま渡辺さんに漏らしたところ『僕がその代わりになろうか?』と、食事に誘ってきたと話していました。ただ、実はその子、榊原さんと付き合いの深いテレビ関係者の姪なんです。我々、部外者でも知っているぐらいなので、当然、榊原さんの耳に入ったと思われます」(同)

 支えてくれる妻を裏切る行為は、これが初めてではない。渡辺は1993年、結婚わずか6年で不倫がバレて、苦しい会見を開いて世間から冷たい目で見られた。しかし、この10年ほど後にも、また不倫が発覚。開き直って夜の繁華街で飲み歩くことが増え、芸能記者たちからは「仮面夫婦」だと見られてきた。

「Aさんにちょっかいを出したナンパ未遂が事実だとするなら、その頃は渡辺さんが再び体調不良で出演予定だった番組をキャンセルするなど、仕事を減らしていた中でしたから、榊原さんからすれば“私がこんなに働いているのに”と激怒する話でしょう」(前出関係者)

 榊原は3~5月に放送されたフジテレビの昼ドラ『プラチナエイジ』(東海テレビ)に主演したが、その役どころは60歳になって夫への信頼が揺らぐ熟年女性だった。自分に重ねて、夫婦関係を考え直すきっかけになったかもしれない。
(文=ハイセーヤスダ)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング