AKB48総選挙“圏外で過呼吸”の大島涼花に「かわいそうだけど惨め」の冷めた声

日刊サイゾー / 2015年6月9日 11時0分

写真

 AKB48総選挙といえば、過去には前田敦子や横山由依、光宗薫など、あまりのプレッシャーに“過呼吸”になったことも記憶に新しい。だが、6月6日に行われた「第7回AKB選抜総選挙」は上位陣にサプライズはなく、壇上でその“風物詩”を見ることはなかったが、実は「圏外」のショックに過呼吸で嘔吐し、退場していたメンバーがいたという。

「AKB48のチームBに所属する13期メンバーの大島涼花です。過去に出場した3回の総選挙では、圏外、圏外、80位。そして、今回は速報で71位だったことで、ランク入りに期待を寄せていたのでしょう。ところが、16位の武藤十夢が呼ばれたあたりで、自分が圏外であることを突き付けられ、メンバー席で過呼吸になり、嘔吐。スタッフや隣にいた柏木由紀に介抱されながら、退場していました」(アイドル誌ライター)

 たとえ上位でなくても、メンバーにとってはランクインするのと圏外では天地の差なのだろう。まさに、少女の残酷ショーここに極まれりだ。

 ところが、ファンの反応は意外なほど冷たい。ネット上では「昨年80位、速報71位でランクイン確定だと思うのは甘い」「普通に圏外あると覚悟してなかったのか」「かわいそうだけど惨めだな」といったコメントがズラリ。

「これまで過呼吸を起こすのは、期待されているメンバーばかり。もちろん、大島も次世代として運営が期待しているメンバーには違いないが、ファンとしては、まだそういうレベルじゃないんだからもっと頑張れ、というエールの意味もあるのでしょう」(アイドル誌ライター)

 大島としても“過呼吸”で知名度が上がるのは不本意なはず。これをバネに実力をつけ、上位へのし上がってほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング