テレ東・鷲見玲奈アナ、推定Fカップの“パイニング競馬”に夜の騎乗依頼が殺到中!?

日刊サイゾー / 2015年6月22日 9時0分

写真

 春のG1も、残すは6月28日の「宝塚記念」だけとなったが、女子アナ界の人気レースでも思わぬ伏兵が大穴をあけようとしている。現在『ウイニング競馬』(テレビ東京系)でMCを務める鷲見玲奈(すみ・れいな)アナだ。

「入社3年目の鷲見アナは岐阜市出身で、首都大学東京都市教養学部都市教養学科を卒業。特技は3歳から始めた詩吟という、シブい一面もあります。番組では、ムチムチの太もも露わなショートパンツと二の腕が露出するノースリーブを着ていて、男性ファンが急増しています。特にすごいのが、テーブルに乗っかるように突き出ている推定Fカップの“鷲見パイ”です。左側から映し出されるけしからん横乳は、先輩の大橋未歩アナを軽く上回るボリューム感。眼鏡をしているのも、明らかに萌えと巨乳のギャップを狙っている演出でしょう」(競馬ライター)

 先日放送された回では、胸元に馬のピンバッジをつけられ、VTR明けにそのバッジがドアップになり、画面いっぱいに爆乳がドーン。男性視聴者の股間を馬並みにさせた。

「ジョッキールームに潜入した回では、騎手が訓練で使う木馬に体験騎乗。美脚でまたがり、お尻を突き出したまま手綱をシゴくと、その度に“鷲見パイ”がブルンブルン揺れまくっていました。ムチを取り出すと、本職の騎手さながらにクルッと回転させながら木馬のお尻をペチペチ叩いていましたが、実に手慣れていましたね(笑)。その様子をVTRで見た武豊騎手からは『キレイな脚ですね。競輪やってた?』とからかわれていましたが、ムチさばきについては、『上手いですね。あ、そっち?』と、ドS疑惑の目を向けられていましたね」(前出・競馬ライター)

 これには、競馬ファンから「俺にも騎乗してくれ」「素股に見えた」「どこのSMクラブだ」「今度は三角木馬でお願い」と“調教依頼”が殺到。今後は馬券を買わない人も、番組に釘付けになりそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング