堀北真希をオトした山本耕史の“ほぼストーカー”アタック、過去には別のタレントにも……

日刊サイゾー / 2015年8月29日 11時0分

写真

 清純派女優、堀北真希にストーカーばりの熱烈アタックで交際ゼロ日のまま結婚にこぎ着けた山本耕史だが、過去に別の女優にも同じアプローチをしていた疑惑が持ち上がっている。「ほかでまったく同じような話を過去に聞いていた」と、舞台女優Wさんが証言しているのだ。

「直筆の手紙が20通以上も届いた。仕事場にまで現れた。同じ乗り物に乗ってきた。いきなりプロポーズ……私が以前聞いた、ある女性への山本さんのアプローチが、今回の話とほぼ同じなのでビックリしているんです」

 Wさんが打ち明けたのは、過去、山本が交際を大々的に報じられた人気女性タレントAとのエピソードだ。Aが特定されないようにとの条件のため、Aの名前と交際時期は明かせないが、Wさんはその一部始終をAから聞いていたという。

 その話は、山本自らが8月24日放送の『とくダネ!』(フジテレビ系)で明かした求婚エピソードとそっくりなのだ。

 山本は今回、堀北との結婚のいきさつとして、09年のドラマ初共演からアプローチをスタートさせたと話している。連絡先を聞き続け、飲みに誘い続ける猛アタックで、断られると舞台の楽屋などへ出向き、手紙を渡すようになったという。撮影スタジオにまで出向いた際には、堀北から「もう来ないで」と言われたが、今年5月、舞台で5年ぶりの再共演となるや稽古中から手紙を渡し続け、返事がなくてもその数は40通以上。最終的には堀北のスケジュールをキャッチし、同じ新幹線を予約。交際もしていなかった中でいきなり「結婚しましょう」とプロポーズしたことで、6月から交際開始、8月に同居し始めたという。

 Wさんはこの話を聞いて「まるでデジャブのよう」と驚いている。過去、山本がAにアプローチした際は「共演前から用もないのに収録現場などに姿を現して“よかったら帰りに送っていこうか”と声をかけてきた」という。

「断っても同じようなことが続いて、そのうちに共演が決まると、現場では収録初日から飲みに誘われ、断ると連絡先の書かれた手紙を渡され、受け取りを拒んでもマネジャーに渡されるなどして手紙は20通以上になったそうです。また、あるとき飛行機に乗ったら、山本さんも同乗していて、『どこへ行かれるんですか?』と聞いたら『君に会いに来たんだ』って」

 これをきっかけにAは山本と交際し始めたというが、確かにそっくりな話だ。Aには山本からプロポーズもあったが、これはAのほうが「まだ仕事が優先」として断ったのだという。しかし、この交際は1年ほどしか続かず、破局。Wさんは「この破局理由だけは、彼女がいまだにずっと言わないでいる」という。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング