台湾ファストフード「美女店員」続出の陰でささやかれる“大陸流ステマ”説

日刊サイゾー / 2015年9月5日 17時0分

写真

 ここ最近、台湾のファストフード店では、ある異変が起こっている。それは「美女店員」の存在だ。すでに何人もの「美しすぎる店員」が“発見”されている状況だが、今回、また新たに美女店員が登場した。

「騰訊新聞」(8月19日付)によると、いま台湾のネット上で、あるマクドナルド店員が世間を騒がせている。美女店員として一躍有名人となり、「イルカちゃん」という愛称で呼ばれる徐薇涵さんだ。専門学校に通う傍ら、マクドナルドでアルバイトをしている徐さんのかわいすぎるルックスは、一気にインターネットで拡散。それがきっかけで、台湾の大人気トークバラエティ番組『康熙来了』にも出演を果たしたのだ。現在、彼女のFacebookは約7万人がフォロー申請をしているという熱狂ぶりで、中国版Twitter「微博」では多くの中国人が羨望のコメントを寄せている。

<続きはこちら>

「後ろ姿の写真にめっちゃ興奮した。俺脚フェチだもん」
「ぜひ大陸(中国)にも来てほしい。このルックスなら、こっちでもっと稼げるぞ!」
「一枚目の写真は、俺の吉沢明歩に似ているな」
「台妹(台湾ギャル)はたまんないわ。一度台湾に行ってみたい」

 徐さんに限らず、台湾ではここ最近、ファストフード店や屋台、レストランでの美女店員の目撃情報が相次いでいる。日本人観光客にも人気の台北市内の夜市「饒河街夜市」の屋台で台湾式クレープを販売するレンさん。夏休み限りのアルバイト店員ながら、セクシー美女店員として一躍有名となった。店頭でクレープを作る姿がファンによって多数アップされ、台湾メディアもこぞって取り上げた。このほかにも、イケメンだけを採用した美男子レストランや、ビキニ姿の美女店員がいるセクシーレストランなど、台湾国内の飲食業界はここ数年で大きく変化しているようだ。

 台北市在住の日本食レストランの日本人オーナーは、こう分析する。

「食文化が豊かな台湾で飲食店を開業する場合、一番難しいのが他店との差別化です。例えば多くの日系企業がここ数年、台湾でラーメン店などを出店していますが、他店との差別化に苦労しています。台湾の飲食店の場合、差別化するという意味で、美女やイケメンを配置するお店が増えてきました。ネットで話題ともなれば、いい宣伝にもなりますからね」

 一方、上海市在住の日系広告代理店は、もっとうがった見方をする。

「上海でも飲食店などを新規出店する際に、モデル事務所に頼んで『開店後2週間だけ入ってくれ』と美女を仕込むことはありますよ。それで代理店の社員やサクラが、微博なんかで『美女店員がいたぞ!』と投稿するんです。知り合いの中国系の代理店の人の話では、それで客が1~2割以上増えると言ってました。そうした手法が台湾に“輸出”されただけかもしれませんよ」

 大陸流のステマであったとしても、美女店員がいる店には興味がそそられるもの。台湾に行った際には、ぜひ訪れてみたいものだ。
(取材・文=青山大樹)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング