美乳コンテストの意外すぎる結末! 優勝した女性の“おっぱい”に批判殺到

日刊サイゾー / 2015年9月6日 19時0分

写真

 8月22日、中国東部の安徽省で「安徽省第5回国際バストモデルコンテスト」の決勝が行われた。壇上に登場したのは、4月に始まった予選から勝ち上がってきた12名のおっぱい自慢の女性たち。

 決勝戦はチャイナドレス、下着、水着の3つの衣装で審査され、そこで優勝したのは19歳のモデル・王琪さん。身長174センチで体重は49キロ、3サイズは上から86、65、87という見事なボディ。だが驚くことに彼女は、豊胸手術を受けたばかりなのだという。え? 美乳コンテストで、これってアリなの?

<画像はこちら>

 さすがに、これにはネット民からも疑問の声や揶揄する声が続出。

「ここでもニセモノがまかり通るのか……」
「賞をもらうべきなのは、豊胸手術を執刀した医師じゃないのか?」
「本物かニセモノかって、見ただけでどうやってわかるんだ?」
「豊胸手術を受けたなんて、黙っていればわからないのに」
「“国際”って言ってるけど、中国人しかいないじゃん」

 報道では明らかにされていなかったが、よく調べてみるとこのコンテスト、主催していたのは地元の美容整形医院だった。どおりで豊胸手術を受けた女性でも優勝できるわけだ。そもそも優勝した王琪さんが豊胸手術を受けたのも、この医院である可能性が高い。もしそうなら、出来レース以外の何者でもない。

「中国ではこの手のおっぱいコンテストがいくつか行われています。優勝すれば水着や下着の広告モデルとして使われるチャンスがあるし、モーターショーのセクシーコンパニオンとしても引っ張りだこになる。そんなことから、日本円にして数百万円もかけて豊胸手術だけでなく、歯並びや顔の整形手術を受けてから出場する女性もいるようです」(中国で日系イベント会社に勤める日本人男性)

 そもそも下着や水着を着けたままでは美乳かどうかなんてわかるはずもなく、これでは普通の「ミス◯◯」とまったく変わりがない。バストトップを見せるのは無理だとしても、せめて「だっちゅーの」ポーズくらいはやらせてほしいものである。
(取材・文=佐久間賢三)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング