“詐欺師” 安田美沙子の恥知らずな「テクニック論」! 玉の輿成功も不吉すぎる夫の「ブランド名」

日刊サイゾー / 2015年10月14日 20時30分

写真

 あざとくて結構。バカキャラを演じてもかまわない。ただ自分がどう見られているのかは考えてほしい。

 タレントの安田美沙子が13日放送の『愛され女と独身有田』(日本テレビ系)に出演。番組のゲスト、その日の“主役”として登場する安田を見ることは非常にめずらしいことであるが、何を話すのかと思えば……。

 安田は番組で独自の「婚活テクニック4カ条」を披露。この時点ですでに失笑ものだったが、その内容もまた、呆然とさせられるものだった。

「4カ条は『1:かもしれへん攻撃』『2:ちょっとテンパれ』『3:声を裏返らせろ』『4:男友達の数をチェックしろ』でした。そのうち1は『相手に同調して、すごく興味があるっていうフリをさり気なくするんですよ』と趣味を聞いて同調するのだと発言。2に関しては、ちょっとバカっぽく見せて、男性に守ってあげたいと思わせるためのテクニックだと説明しました。特にもの珍しい内容ではありませんでしたが、これを臆面もなくできるかどうかということなんでしょうね」(芸能記者)

 安田の言葉に有田も「詐欺師!」と酷評していたが、ネット上の反応も同様。「興味ないこと好きっていったら墓穴掘る」「女のきらいな女」「ビジネス京都弁が本当にイラつく」など散々だ。もともとわかりやすい“すり寄り”“ぶりっ子”で評判の悪かった安田だが、ここ最近は結婚に関してのあからさまな“勝ち組発言”が目立つ。

「旦那さんはファッションブランド『VICTIM』のデザイナーで、年収は数千万円といわれています。結婚後、安田は『旦那さん、めっちゃお金持ちですよね』という質問に笑顔を浮かべたまま否定せず、夫に対し安田が自身の収入を告げてから自分にもお金を出させるようになったなど、“カネ”の話ばかりが先に立ちます。恵まれているのはわかりますが、さすがに節操がないですね。今回の出演も『私はテクニックですごい夫と結婚した』自慢なんでしょうが、あまりにも知性を感じさせない雰囲気なので共感はされないでしょう」(同)

 11日放送の『アッコにおまかせ!』(TBS系)で、作家の村上春樹氏に関するクイズで「私作品知ってます!」と出しゃばったものの、「忘れ雪」という存在しない作品の名前を出し、かかなくてもいい恥をかいた安田。余計な積極性は結婚後の自信の表れということか。

 ネット上には「自慢は結婚して5年経ってから語れ」「離婚しそう」という意見もあり、安田が夫婦ゲンカのたびに家出するという話も以前話題になった。後々、安田の結婚生活が夫のブランド名である『VICTIM(不幸、迫害などの犠牲者)』な雰囲気にならないといいが……。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング