藤原紀香と片岡愛之助は来年2月に“節分婚”? その根拠は、やはり紀香の「風水」信仰……

日刊サイゾー / 2015年10月15日 9時0分

写真

 タレント・藤原紀香と歌舞伎俳優・片岡愛之助の結婚について、一部スポーツ紙で来年2月3日の節分あたりに挙式するのではないかとの見方が浮上している。紀香に近い関係者によると、これは紀香が信奉する風水師、直居由美里のアドバイスによるものだという。

「結婚準備は紀香さん主導で進められているもので、私生活から仕事に至るまで助言をもらっている直居さんに従ったもの」と関係者。

 確かに、この節分婚に関しては、愛之助サイドからすれば来年1月から始まる大河ドラマ『真田丸』の収録にぶつかるもので、関係者への配慮も必要なことから、自らそんな案を持ち出すことは考えにくい。

 関係者は「そもそも結婚が公になったことが想定外の事態だった」とする。実際、紀香の所属事務所は「何も報告はない」と否定し、愛之助側に至ってはノーコメント。一部芸能記者の間では結婚準備の動きがあることを察知していたところ、マスコミに強い影響力を持つ紀香サイドの意向で“待った”がかかっていたが、「日刊スポーツの記者が、その暗黙の了解を破って記事を出すことを決め、その動きを知った他紙が慌てて追随した形になった」と関係者。

 ただ、一方で、他紙の記者からは「一部マスコミがフライングして記事を出したというのは表向きで、実際には紀香側からの仕掛け」という見方も出ている。

「もともと2人の交際は、愛之助と熊切あさ美の別れた別れてない騒動の中で出てきた三角関係だったから、そのイメージ回復もあって早めに決着を付けたかったらしい」(同)

 そうなると、愛之助が自然消滅気味だった元カノとの過去を強引に清算したのも、紀香による強い結婚願望があったからということかもしれない。

「プライドの高い紀香が本来なら、“二股疑惑騒動”なんかにまみれるのは絶対にイヤなはず」(同)

 しかし、その紀香に結婚の後押しをしたのは有力者でも所属事務所でもなく、風水師の直居だというのだ。

 紀香はもともとDr.コパとの親交から風水に傾倒していたが、横綱・白鵬や市川海老蔵ら多数の芸能人を顧客に持つ直居に師事するようになってからは一気に加速。自身のオフィシャルショップ「紀香バディ!コム」でも、ここは直居のサイトかと思うほど直居の著書を並べるほどで、前夫・陣内智則との結婚も直居による助言に従ったものだということを、当の直居がテレビ番組内で打ち明けている。

 07年5月、直居は番組内で紀香と陣内が出会うことを事前に予知していたとし「06年に八白土星の人と知り合って、07年の2月か4月のどちらかに結婚する」と紀香に“八白土星”に当たる陣内との結婚も事前に予言、記者会見から入籍の日時まですべて自分が決めたとした。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング