「ただの遊び」「売名」……“嫌われ紗栄子”の超セレブ交際報道に、祝福の声はゼロ

日刊サイゾー / 2015年10月21日 11時0分

写真

 タレントでモデルの紗栄子が、大手ファッション通販サイト「ZOZOTOWN」などを運営する株式会社スタートトゥデイ創業者・前澤友作氏と交際中であると、19日付の日刊スポーツが報じた。

 前澤氏の資産はなんと推定2,000億円で、米経済誌「フォーブス」の「日本の富豪トップ50」にもランクイン。同紙によると、2人は今秋に知り合って間もなく交際に発展したという。

 一方で同紙では、前澤氏の“ただならぬ過去”にも言及。別の女性との間に3人の子どもがおり、認知はしているものの、女性とは入籍していないという。

 その上で、日刊スポーツでは「現段階で(紗栄子との)結婚の話はなく、予定もない」と伝えている。

 これにネット上では「本当に付き合っているのかよ」「ただの遊びだろ」といった意見が噴出。中には紗栄子が現在、フジテレビの月9ドラマ『5→9~私に恋したお坊さん~』に“女優”として出演中とあって、「売名」を疑う声も……。

 週刊誌デスクは「(交際報道は)ちょっとフライングのような気がしますね」とこぼす。スポーツ紙記者も「彼女は同性からの評判がすこぶる悪い。2012年にダルビッシュ有投手と離婚した際も、一部で莫大な慰謝料を手にしたと報じられた。ぶりっ子で、したたかというイメージ。そんな彼女が誰もがうらやむセレブをモノにしたのなら、祝福よりもやっかみの声が多いのは当然でしょう」と話す。

 また、今回のニュースを“ビジネス的な付き合い”と見る向きもある。

 離婚後の紗栄子はファッション業界進出に意欲的で、フォトブックなども出版。着こなしをアピールする公式ブログは炎上効果(?)もあって、アクセスランキングは常に上位だ。

「彼女は神田うのさんのように、サイドビジネスで成功したがっている。そのために重要なのは、なんといっても人脈。VIPたちの集うパーティーには率先して参加し、顔を売っていましたよ。前澤氏と一緒にファッション関係の新ビジネスを計画していたという情報もあります」(ワイドショー関係者)

 “嫌われ紗栄子”の行く末は――。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング