「出ないでほしかった!」Superfly、BUMP、ゲス極……紅白初出場3組に、ファンから悲鳴

日刊サイゾー / 2015年12月8日 13時0分

写真

「がっかりした人も多いのでは?」

 そう語るのは、老舗レコード会社幹部だ。大みそかのNHK『紅白歌合戦』の出場歌手が発表され、初出場はSuperfly、BUMP OF CHICKEN、ゲスの極み乙女。ら10組となった。

 だが、ここで挙げた3組は、必ずしも本人やファンが出場を望んだものではないという。音楽関係者が、声を潜めて明かす。

「Superflyは、かねてからオファーをもらっていたが、断っていたんです。団体行動が苦手みたいで(笑)。BUMPも元来、テレビには出ないグループで有名でした。レコード大賞にノミネートされているゲス極も、本人たちは乗り気でなかったところを周囲が説得したそうです」

 金看板の『紅白』だが、その威光が役に立つのは演歌歌手においてのみで、すでに磐石の人気を誇るAKB48やジャニーズグループにとっては拘束時間も長い上に、ギャラは「民放の半額以下」(同)と割に合わない。落選して物議を醸した、ももいろクローバーZの関係者は、昨年の『紅白』の舞台裏で「全然稼ぎにならねぇ!」と、グチをこぼしていたともいわれる。

 アーティストイメージにも、必ずしもいい影響をもたらすとは限らない。

「NHK=保守のイメージですから、大衆迎合と見なされてしまう部分はある。亡くなったロックミュージシャンの忌野清志郎さんなんかは『紅白に出るくらいなら、死んだほうがマシ』と言い切ったほど。対照的に、反権力と思われていたフォークの大御所・吉田拓郎さんが出場した際は、ファンからブーイングが上がりました。独特な世界観を持つアーティストは、出ないほうがいい場合もある。今回の初出場3組のファンの中にも『紅白には出ないでほしかった……』という人は多い」(前出のレコード会社幹部)

 それでも出場を決めた背景には、やはり昨今のCD不況がある。

「例外はAKBくらいのもので、ほかはまったくと言っていいほどCDが売れず、レコード会社は経営が厳しくなっている。アーティストも、その現状を把握しているので、むげにすることはできない」とはスポーツ紙記者。

 当日のステージはアーティスト本人、レコード会社、ファンの複雑な感情が交錯する味わい深いものになるはずだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング