福田彩乃、今度は“歌マネ”転身も、悩む日々……たんぽぽ・白鳥久美子と2人で号泣!?

日刊サイゾー / 2015年12月9日 18時0分

写真

 モノマネタレントの福田彩乃が、年末年始に地上波民放局で放送されるバラエティ特番で「歌マネ」に初挑戦することがわかった。だが、あまりの不出来に“芸人仲間”に相談。それでも、解決には程遠いようだ――。

 福田といえば、大手芸能事務所・アミューズ所属ながら、お笑い芸人の枠で活動。主にモノマネタレントとしての知名度が高い一方、ドラマなどにも出演し、そのたびにネット界隈で批判が殺到。また、バラエティの現場でも「芸人なのか女優なのか、どっちで扱えばいいのかわからず、困惑しているスタッフも多い」(芸能関係者)という。そんな中、本人は芸人としての軸をより強くさせるべく「歌マネ」に挑戦。成果のほどは近日中に明らかになるのだが、どうもうまくいっていないようだという。

「周りよりも、歌唱力の点で劣ってしまい、力不足を痛感したようです。かといって、モノマネでカバーできればいいのですが、そこまでのパワーもない。要は中途半端にやってしまったということ。それを泣きながら、お笑い芸人・たんぽぽの白鳥にも最近、深刻な表情で相談したようなんですが、結局解決するどころか、一緒に2人して号泣する始末。今後の活動方針が、さらにブレブレになってしまう可能性もあります」

 荒波の芸能界で福田が漂流から抜け出すには、しっかりとした「芸磨き」が不可欠だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング