NHKドラマ『恋の三陸~』が“爆死”の松下奈緒 民放連ドラ主演で“大胆キャラチェンジ”は大丈夫か

日刊サイゾー / 2016年3月11日 21時0分

写真

 現在放送中のNHK特集ドラマ『恋の三陸 列車コンで行こう!』(全3話)で主演を務めているものの、初回2.7%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)、第2話3.2%と爆死している松下奈緒が、大胆なキャラチェンジを図り、1年半ぶりの民放連ドラの主演に臨むことになった。

 松下は4月期にフジテレビ系でオンエアされる『早子先生、結婚するって本当ですか?(以下、早子先生~)』(木曜午後10時~)で主演するが、役づくりのため、デビュー以来、ずっとロングだった髪をバッサリ切って、ショートカットにしたのだ。松下は「この作品で、早子同様、何か自分も変わりたいなと思い短くしました」とコメントしている。

 松下の民放連ドラでの主演は、2014年10月期の『ディア・シスター』(石原さとみとのW主演/フジテレビ系)以来。単独での民放連ドラ主演となると、13年4月期の『鴨、京都へ行く。-老舗旅館の女将日記-』(フジテレビ系)以来、3年ぶりとなる。

『早子先生~』の原作となっているのは、立木早子氏がブログで連載した婚活4コマエッセイ漫画。これが、『早子先生、結婚するって本当ですか?』(イースト・プレス)など3冊にわたって書籍化され、その単行本を元にドラマ化される。

 松下が演じる主人公・立木早子は、34歳にして、いまだ結婚を意識していない独身の小学校教師。周囲に巻き込まれて、結婚に向かって動き始め、時に傷つきながらも、運命の人と巡り会うべく奮闘していくストーリー。いよいよ結婚を本気で考え始める早子は、同僚の女性教諭3人と「婚活同盟」を結成。独身の先輩男性教諭も参加し、慣れないながらも「お見合い」「合コン」「年下との恋の予感」など、結婚に向けて一歩踏み出していく姿を描いた作品。

 共演陣は、「婚活同盟」を組む同僚教師役に貫地谷しほり、佐藤仁美。独身の先輩男性教師役に八嶋智人、同僚教師役に、山内圭哉、田野倉雄太が起用され、父親役を尾藤イサオ、母親役を松坂慶子が演じる。

 脚本は、『ホタルノヒカリ』シリーズ(日本テレビ系)、『シェアハウスの恋人』(同)などを手掛けた水橋文美江氏が担当。演出は、『東京ラブストーリー』(フジテレビ系)、『101回目のプロポーズ』(同)、『Dr.コトー診療所』シリーズ(同)、『プライド』(同)、『ようこそ、わが家へ』(同)などの中江功らだ。

 松下主演ドラマの視聴率は、石原とのW主演だった『ディア・シスター』こそ平均11.3%と、2ケタをキープしたが、『鴨、京都へ行く。~』は平均9.8%で1ケタ台。その前に主演した『早海さんと呼ばれる日』(フジテレビ系/12年1月期)は平均10.5%と、ギリギリ2ケタと冴えない。もともと、民放ドラマより数字が低いとはいえ、オンエア中の『恋の三陸~』は悲惨な視聴率を記録しているだけに、『早子先生~』ではなんとか汚名返上したいところ。

『早子先生~』の前には、3月11日に放送される『金曜ロードSHOW!』枠(日本テレビ系)のスペシャルドラマ『天才バカボン~家族の絆』でバカボンのママ役を演じる。これまた、これまでの松下のイメージとは大きく異なった演技が見られるかも……。
(文=森田英雄)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング