詐欺逮捕のセレブ女医・脇坂英理子に“ぼったくり共謀”疑惑「知り合いの安く飲める店」で、32万円請求!

日刊サイゾー / 2016年3月25日 11時0分

写真

 診療報酬をだまし取った詐欺事件で、3月9日に逮捕されたタレント女医・脇坂英理子容疑者に、“ぼったくりバー”への協力疑惑が持ち上がっている。逮捕前、脇坂容疑者に誘われて行った飲食店で高額な料金を支払わされたという知人が、続々と出てきているのだ。

「2年前くらいに銀座で食事した後、彼女に『知り合いの店なら安く飲めるから』と言われて行ったところが、雑居ビルにある看板も出てない小さな会員制バー。店員は男性2人で、共に元ホストだと言っていました。店に入れるのは知り合いだけだそうですが、2時間ほどビールとウーロンハイを5~6杯飲んだだけなのに、会計は32万円。彼女にワリカンにすると言われ、渋々クレジットカードを出して16万円を支払ったんです。そのときは芸能人の遊ぶ相場なのかと思いましたが、いま思えば彼女が店と組んで、私からお金をだまし取ったのかもしれません」

 こう話す30代女性は以降、脇坂容疑者からの誘いはすべて断ったため関係は断絶したが、逮捕の報道に仰天している。

「だって彼女は私に、年寄りのセレブ患者を診療すると、治療費は5,000円でも御礼に50万円くれるとか、映画に出資したら自分に主演女優のオファーがあったとか、景気のいいことを言っていたので、本当に稼いでいるとばかり思っていました」(同)

 苦情が出ているのは、ここだけではない。ほかの知人男性たちからは、同じように「知り合いの店」と言って連れていかれた先がホストクラブだったとして、30代男性が70万円、40代男性が110万円を支払わされたという話をしているのだ。40代男性は「これしか支払えない」と110万円の請求のうち30万円を支払ったが、後日、会社に残りの請求書が送られてきたという。

「勤務先の住所は教えていなかったのに、どうやって調べたんだろう? もともと脇坂と知り合ったのは合コンだったんですけど、そこでは、飲んで20分もしないうちに電話番号を渡してきた。振り返ってみれば、ホスト客をつかまえるための合コンだったのかも」と男性。

 歌舞伎町のぼったくり被害では、女性がナンパされるふりをしてぼったくり店に連れて行く美人局まがいの事件が続発しており、ひょっとすると脇坂容疑者も店側と組んでの客寄せに協力していた可能性がある。

 その脇坂容疑者は「年収5,000万円」を自称していたが、実際には診療をしていない患者への診療報酬として、経営していたクリニックで合計約6,900万円を不正に受給する詐欺師だった。犯行は暴力団組長の関与した組織的なもので、被害総額は3億円に迫るものだといわれる。

 3月7日、別の被告の公判では、暴力団関係者とみられる人物が複数、傍聴に訪れていたが、主に暴力団の動向を扱う月刊誌「実話ドキュメント」(マイウェイ出版)のライターによると「組織的犯罪だと、法廷証言で仲間を売るようなことがないか、にらまれる。おきてに反すれば、社会に戻ってからもあらゆる手段で追い詰められるのが、よくあるパターン」だという。

 これから脇坂容疑者が仮釈放されても、暴力団やぼったくり被害者から追われることになりそうだ。
(文=片岡亮)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング