パンサー・尾形貴弘の結婚は破談に? もてあそんだ“元カノ”たちの復讐が始まった!

日刊サイゾー / 2016年4月16日 9時0分

写真

 女子レスリングで五輪3連覇中の吉田沙保里と人気お笑いトリオ・パンサーが3月29日、スマホゲームのイベントに出席。“王子様に抱っこされてみたい”という吉田の夢をかなえるため、尾形貴弘が大役を買って出たが、4連覇を目指す吉田に「吉田さんに男のエキスを全部注入したい」と、独特の表現でエールを送った。

 尾形といえば、これまでアパレル関連の仕事をする恋人「あいちゃん」との交際を公言。持ちギャグの「サンキュー」に語呂を合わせた3月9日に入籍がウワサされていたが、結局入籍せず。

 その背景には、先月、尾形がカネを借りていた女性が「週刊女性」(主婦と生活社)で“告発”するなど、金銭トラブルがあったのではとささやかれている。

 告発した女性によると、尾形とはブレーク前の2009年秋に知り合い、互いにパチンコ好きということで意気投合。しかし、軍資金の2~3万円は毎回、女性持ち。ある時は羽田空港から尾形の自宅までのタクシー代として1万円を貸すなどしており、返済を迫ると連絡が途絶えることもあったとか。最後に会った14年12月には、当時催促していた5万円を叩きつけるように返された上、暴言を吐かれたというのだ。

「下積みのお笑いタレントに金を貢ぐ女性は多いが、尾形は典型的なパターン。メンバー3人の中でも、特に尾形のファンに対する“上から目線”は評判が悪いが、まさか、金を借りる時も態度がデカかったとは……。そんなことだから、かつて遊んだ女性に“ベッド写真”を流出させられてしまった」(テレビ関係者)

 イベント後、東京スポーツの記者が「金は返したのか?」「あいちゃんとの入籍に障壁はなくなったのか?」と直撃。すると、尾形は表情を硬くし「それはもう……。来年入籍できるように頑張ります」と、金銭トラブルについては言葉を濁したというが、このまま破談になる可能性もありそうだ。

「尾形にもてあそばれた女性たちが団結して“被害者の会”を結成。あいちゃんの職場を調べ上げ、尾形の“悪事”を書き連ねた手紙などを送っているという。すべては、尾形の身から出たサビだが……」(週刊誌記者)

 さらなる被害者の“告発”が出るのか、注目される。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング