オードリー・若林正恭のAKB48新番組MC就任に不安の声「女の子だらけなのに、大丈夫?」

日刊サイゾー / 2017年1月27日 18時0分

写真

 人気お笑いコンビのオードリーが、1月27日深夜スタートのバラエティ番組『AKB チーム8のブンブン!エイト大放送』(日本テレビ系)に司会者として起用されている。

 オードリーの司会といえば、最近は若林正恭が『しくじり先生』(テレビ朝日系)や『人生のパイセンTV』(フジテレビ系)で達者なMCぶりを披露しているが、この人選にAKBファンから心配の声が上がっているという。いったいなぜなのか。

「若林は『アメトーーク!』(テレビ朝日系)で“女の子苦手芸人”として出演していたほどの極度の人見知り。その若林が中高生だらけのチーム8を相手に、いつもの調子で番組を進行できるのかと先行きが危ぶまれているというわけです。新人アナの登竜門である『NFL倶楽部』(日本テレビ系)では新人女子アナをイジりまくっていますが、よく見ると、女子アナと上手く会話しているように見えて、実は相手の目をまったく見ていない。ほかの番組は女性タレントの数も少数ですが、今回のAKB番組では大勢のメンバーを相手にするため、彼女たちを見ないで進行するのは無理。若林に積極的に絡もうとするメンバーもいるでしょうから、緊張で固まってしまい、進行がグダグダになる恐れがありますね」(芸能記者)

 AKB番組では、『AKBINGO!』(日本テレビ系)の二代目司会者に就任したウーマンラッシュアワーの村本大輔が、メンバーいじりで評価を上げている。こうしたアイドル番組は、司会者のさばき方ひとつでメンバーの新たな魅力が開花するケースも多い。若林の司会でチーム8のメンバーを出世させられるのか、ファンの心配は尽きないようだ。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング