日テレ『東京タラレバ娘』最終回で“クソ展開”連発! 陳腐すぎるセリフの来襲にウンザリ

日刊サイゾー / 2017年3月23日 20時30分

 一方、女好きのクソバンドマン・涼(平岡祐太)は、モデルの本命彼女と別れ、香の元へ。「やっぱ香じゃないとダメだ!」と叫び、香も「もしかしたら、変わるかもしれないし、やっぱりダメかもしれないし。そこも含めて、時間かけてみていこうかなと思って。涼ちゃんのことちゃんと見ていけるの、私だけだと思うから……」と受け入れてしまいました。

 この報告を受け、「私さあ、男いない、仕事ないってタラレバ愚痴ってたときも、別に不幸じゃなくて、幸せって思ってた気がする」「私たち何に縛られてるんだろう」とか言い出す倫子。

 これに、小雪が「世間の価値観的な?」と乗っかったと思えば、香も「30までに結婚したい、それが幸せだって縛られてたけど、よく考えたらさあ、年齢で区切られる必要ないよねえ」と、出産のタイムリミットを無視した発言。しかも、倫子の心の声のタラとレバも、「幸せって一言で言えないタラよ」「倫子さんが幸せだって思うことが幸せタラ」とクソつまんないことを言い出しました。

 あ~、アホらし。最終回の陳腐すぎるセリフの怒涛の来襲にウンザリです。でも、こんなディスり魔と化した私も、原作に忠実だった第3話くらいまでは、期待で胸がGカップくらいまで膨らんでたんです。実際、心に突き刺さる言葉や展開も多かったですし(原作のまんまだったからだけど)、『突然ですが、明日結婚します』(フジテレビ系)的な子ども向け恋愛ドラマを一蹴するようなドラマであると、信じて疑わなかったんです。

 しかし、次第に原作から離れてオリジナル脚本に移行するにつれ、明らかに陳腐なセリフが増量。ついに最終回では、『突然ですが、明日結婚します』を「こいつらは一体、何をしてるんだ?」と思いながらぼんや~りテレビを眺めているときの感覚に近づいてしまいました。

 なぜ、こんなことに……。初回で倫子と香がそれぞれセックスしたことで、スポンサーから「子どもも見られる夢のあるドラマにしろ!」と怒号が飛んだとしか思えません。

 ちなみに、ラストは倫子がKEYに告って、2人がいい感じになって、倫子と香と小雪が並んで歩くシーンになって、「私たちはこれからも、いろんなことに悩んで、もがいて生きていくんだと思う。でも、それでいいんだ。だって、人生という長い長い物がたりの主人公は、自分なんだから」という全く心に響かない倫子の心の声で終了。あ~あ、期待して損した。あっ、でも、脚本がアレだっただけで、キャスティングとか、女子会シーンの小気味よい3人の演技とか、と~てもよかったと思います、はい。
(文=どらまっ子TAMOちゃん)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング