坂口杏里批判の立花胡桃に「お前が言うな!」の大合唱! 芸能界“ホスト狂タレント”の系譜

日刊サイゾー / 2017年5月6日 11時0分

写真

 作家でタレントの立花胡桃が、ホストに対する恐喝未遂容疑で逮捕された坂口杏里に対し「AVもホスト遊びも中途半端」と批判し、話題となっている。これを受け、ネット上では「お前が言うな」の声が頻出中だ。

 立花といえば、長らくカリスマキャバ嬢として君臨し、当然ホスト遊びも経験済みであり、夜遊びの“先輩”として助言したのだろう。立花に限らず、芸能界には“ホスト狂い”の人間が多くいる。

「モデルで女優の山田優は、ハードなホストクラブ好きとして知られていました。性格はドSで、飲酒を強要する“ホストいじめ”をよく行っていたそうです。夫の小栗旬は遊び人として知られていますが、実は彼女も同じようなタイプ。とはいえ、現在は2人の子どもを持つママとなり、落ち着きましたが……」(週刊誌記者)

 また、“エビちゃん”こと蛯原友里もホスト好きとして知られ、仲間と連れ立ってホストクラブへ通っていたようだ。やはり、モデルはチヤホヤされる場所を求めているのだろうか? それはほかの芸能人とて同じだろう。

「“癒やし系の女王”といわれ、高い人気を誇った飯島直子は、1997年にTUBEの前田亘輝と結婚するも2001年に離婚。その後、13歳年下のホストに入れあげて、彼と暮らすための2億5,000万円のマンションをキャッシュで購入したといわれています。そのことで仕事がおろそかになり、テレビから消えてしまいましたが、12年に会社経営者と再婚。現在は女優業を中心に活動を再開させています」(同)

 飯島の“更生”には、親友である小泉今日子の手助けがあったといわれている。やはり、坂口にとっても、誰かの助けは必要かもしれない。
(文=平田宏利)

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング