かつての「百獣の王」も、いまや勝負への執着心なし……“筋肉バカ”を捨てた武井壮はどこへ向かう?

日刊サイゾー / 2017年8月28日 19時0分

写真

 芸能人が名を売るためにキャラクターをつくろうことは珍しくない。若い頃の小倉優子は「こりん星からやってきたお姫様」を自称していた。ピコ太郎は「友人・古坂大魔王にプロデュースされたシンガーソングライター」という設定を貫いている。

 いや、そんな大それた話じゃなくとも、この手の例は枚挙に暇がない。ワイルドキャラでブレークしたスギちゃん、ハードゲイキャラでブームを巻き起こしたレイザーラモンHG、“バブリー”を前面に押し出して活躍中の平野ノラなど。「キャラ芸人」と呼ばれる面々は、文字通りキャラクターありきで世へ出ることに成功した者ばかりである。

 しかし、キャラクターを発射台としてブレークを果たした芸能人たちは、必ずといっていいほど共通した悩みを抱えることになる。それは、「いつから“素”の自分に戻ればいいのか?」。例えば、デニムベストから私服への緩やかな移行を画策していたスギちゃんであったが、どうやらそれはうまくいかなかったらしい。というか、移行し終える前に露出自体が減少してしまった。


■武井壮の存在意義は、いまだに“筋肉”しかない

 さて。ここで、武井壮にフォーカスしてみたい。西麻布の夜道をダッシュし、トレーニングに励み、バーで休憩しているところをピエール瀧に見いだされてブレークに至った武井。その頃の彼が”家なし生活”を送っていたことは有名。そして現在は、都内一等地でリビング70畳の高級マンションに住んでいることも多くの人が知る話だ。

 別に、それはいい。単純にテレビ界で成功したことの証しだし、夢のある話ではないか。

 ここで、振り返りたい。彼が世に出てきた時のギミックはなんだったのか? あの頃の武井の通り名は「百獣の王」であった。

 グリズリーと相対したら「あぁーっ!」と6週間叫び続けて接近させず、相手が痩せた頃合いを見てレバー付近の毛を抜き、そこ目掛けて抜手をお見舞いして攻略。ゴリラと相対したら、細くて短い後ろ足でハンマーパンチを仕掛けてくるだろうからガッチリつかんで受け流し、ガラ空きになった後ろ足にローキックを20発くらいお見舞いして攻略。こうした脳内シミュレーションを各番組で披露し、「俺は百獣の王だ」と言い張るキャラクターがウケて武井はブレークを果たす。

 いまだタンクトップでテレビに出続ける武井。正直言って、彼のニーズは今でも“筋肉バカ”の一点しかなく、ほかの存在意義は見当たらない。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング