ストップ児ポ!? AKB48グループが「高校生以下」メンバーの“水着グラビア”封印へ

日刊サイゾー / 2017年12月23日 8時0分

写真

 高校生以下の水着グラビアが消えてしまうかもしれない──。アイドル界では、そんな情報が飛び交っているという。いったい、どういうことなのだろうか?

「AKB48の運営サイドから、一部のマンガ誌やグラビア誌の編集部に対して、『今後、高校生以下のメンバーについては、グラビアで水着は着用しません』という通達が回ったというのです」(出版関係者)

 AKB48グループといえば、水着グラビアには積極的で、きわどい水着やポーズもいとわないという印象。18歳以下のメンバーも、露出度はそこまで高くないが、水着は当たり前のようにやっているはずだが……。

「AKB48の運営方針が変わり、水着は18歳以上のメンバーのみになるとのこと。仮にメンバー全員が水着を着るような企画であっても、高校生以下のメンバーは肌の露出が極端に少ない水着を着ることになるようです」(同)

 運営方針の展開の背景には、児童ポルノの問題があるといわれている。

「AKB48は海外での知名度も高く、その活動内容が注目されています。18歳以下のメンバーがきわどい水着グラビアをやっていると、海外メディアから“児童ポルノ認定”をされかねない。2020年の東京五輪の影響も、少なからずあるでしょう」(週刊誌記者)

 AKB48は高校生以下の水着を封印するようだが、ほかのアイドルたちはどうなるのだろうか。

「現時点で18歳以下の水着が封印となるのは、AKB48グループだけのようです。たとえば、エイベックスは現在高校3年生の大原優乃と、同じく高校3年生のSUPER☆GiRLS・浅川梨奈をグラビアで売り出していますが、今後も変わらず水着になるとのこと。2人は来年高校を卒業しますが、ほかの若手アイドルについても、水着を封印するつもりはないみたいですね」(同)

 そして、チャンスをうかがうのはハロー!プロジェクトだ。

「ハロプロでは、現在高校2年生のモーニング娘。’17の牧野真莉愛と中学3年生のアンジュルム/カントリー・ガールズの船木結を、マンガ誌などのグラビアにプッシュしていますが、こちらも特に水着をやめるという情報はないです。もともと、メンバーの水着写真集にも積極的なハロプロなので、AKB48の撤退は大きなチャンスになるでしょう。今後も、どんどん水着になっていくと思いますよ」(同)

 2018年以降、グラビア界の勢力地図が塗り替わるかもしれない。

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング