バイきんぐは“3倍”、野性爆弾はなんと“10倍”!? 「片方だけが売れちゃって……」給料格差が激しいお笑いコンビ!

日刊サイゾー / 2018年5月13日 11時0分

写真

 芸能界でよくあるのが、お笑いコンビの片方が売れてしまって収入に格差が出てしまう“コンビ内格差”だ。片方ばかりがピンでバラエティ出演、CM出演、本の出版などを行い、もう片方は食えずじまいで生活が大変、なんてこともあるという。

 まず、最近とみにコンビ内格差がささやかれているのがお笑いコンビ・野性爆弾。ボケのくっきーとツッコミのロッシーという組み合わせだが、現在、くっきーが白塗りの芸能人ものまねメイクや、シュールなキャラクターで大ブレイク。現在は役者としてドラマ『崖っぷちホテル!』(日本テレビ系)に出演したり、個展を開くなど大活躍中だ。

 そんな中、2人は4月26日に放送されたネットバラエティ番組『極楽とんぼKAKERUTV』(AbemaTV)に出演。ここでくっきーは最高月収を口パクで答えなくてはいけない展開となり、口パクで告白。すると、横でその口の動きを見ていたロッシーが、「え!? いや、もうケタが違っていたように見えましたよ……。350万くらいのことは感じましたよ……」と、その額面に動揺した。

 さらに、司会の極楽とんぼ・加藤浩次がロッシーに先月の給料を質問すると、ロッシーは「35万です」とキッパリ話し、スタジオの爆笑を誘っていた。ちなみに、くっきーは2月15日に放送された『メッセンジャーの○○は大丈夫なのか?』(毎日放送)に出演した際、最高月収を「350万円」と明かしており、ロッシーの10倍もらっていることが明らかとなっている。

「くっきーはその特殊な世界観が受けており、今後は彼のイラストや楽曲作りのセンスが買われて冠番組を持ったりCMプロデュースの仕事が来ることも予想されます。そうなってくると、月収が8桁いくことも可能なので、そうなってくると10倍格差どころではなくなってくるのでは」(芸能事務所勤務)

 また、お笑いコンビ・バイきんぐもツッコミである小峠英二の大ブレイクに比べ、相方のボケ・西村瑞樹の印象が薄い。4月11日に放送された『水曜日のダウンタウン〜こち亀検証SP〜』(TBS系)では、西村が自身の月収と小峠の月収を暴露。先月の月収を210万円、最高月収を400万円だと明かした。さらに小峠の月収については自身の3倍はあるとし、最高月収は1,200万円くらいだと推測している。

 そんな小峠は、2017年8月24日放送の『VS嵐』(フジテレビ系)にコンビで出演した際、自身のピン仕事が多いことをネタにされ「なんでコンビやってんですか」と嵐の松本潤に聞かれた時に「いい奴なんだよ!」「家族と西村だけは裏切らない」と相方への熱い愛を語っている。

「西村さんは収録でひと言も発言せずに終わるなど、1人での仕事は難しいタイプ。きっとコンビ解散したら、芸能界で生き残るのは厳しいでしょう。小峠さんは男気がある人なので、そんな西村さんを見捨てることはしない。自分の取り分が少なくなろうがコンビ解散はしないでしょう」(放送作家)

 たとえ格差があろうとも、強い絆があるコンビは解散しなさそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング