「立ち回りじゃなくて殺し合い」 木村拓哉の教えを受けて“殺陣”に挑戦する杉咲花

日刊サイゾー / 2018年7月18日 16時30分

写真

 7月17日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)に、杉咲花と福士蒼汰が出演。映画『BLEACH』の番宣も兼ねて“アポなし旅”を行い、杉咲が意外な人物とのつながりを明かして話題になった。

 今回ロケを行ったのは、レギュラーのウエンツ瑛士に杉咲と福士を加えた3人。ロケ中に福士が「花ちゃん今回の映画(『BLEACH』)でもすごいアクションがあって」と話を振ると、杉咲は「今回の役は、すごい剣を握ることに慣れてる役」とコメント。

 映画『BLEACH』で彼女は“死神”を名乗るヒロイン・朽木ルキアを演じる。杉咲は剣を使ったアクションにも挑戦するのだが、「ほぼ初心者のようなものだったので、すごい練習して福士さんにも何度もつき合っていただいて、殺陣の練習を」と裏話を告白。するとウエンツは、「こんだけ殺陣あったら、拓哉に(連絡)しなかったの?」と質問した。

「“拓哉”とは木村拓哉のことで、杉咲は昨年映画『無限の住人』で共演しています。ウエンツの質問に彼女は、『(木村拓哉に)連絡させていただきました』と返答。『BLEACH』の殺陣をどのように演じたらいいか聞いたところ、木村は『立ち回りじゃなくて殺し合いなんだ。だから本気でやればいい』というアドバイスをおくったそうです。これに視聴者からは、『いかにもキムタクらしい助言!』といった声が。また『今も木村拓哉と花ちゃんが連絡取りあってるのがなんかうれしい!』『いい先輩後輩の関係でほっこりした』と喜ぶ人も少なくありませんでした」(芸能ライター)

 その他、「木村拓哉マジで殺陣上手いからな……」と納得する人も。『無限の住人』で木村は杉咲を守る“用心棒”の役を演じたのだが、この時の殺陣は鑑賞したファンのみならず共演者にも評価されているという。

「『無限の住人』には福士も出演していたのですが、同映画の完成報告会見で木村の殺陣を『すごい』と絶賛。同じく共演者の戸田恵梨香も、木村に武器の扱いに関するアドバイスをもらったと明かしていました。ベテラン殺陣師の辻井啓伺も、WEBメディア『SPICE』のインタビューで『木村さんのポーズというのか間というのか…… あれはスゴイ』『テスト撮影で何十人と斬って止まるときでも、バミリを置いているわけでもないのにバシッとカメラのアングルに収まるところに来る』と舌を巻いています」(同)

 杉咲は木村のアドバイスをどのように実践したのか、映画『BLEACH』を見るときはアクションにも注目したい。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング