店長が女性客の顔面に連続パンチ! 米マクドナルドで“キャットファイト”が発生

日刊サイゾー / 2018年8月7日 18時0分

写真

 米・ラスベガスのマクドナルドで、女性店長と女性客の間で壮絶な“キャットファイト”が勃発。一部始終を捉えた動画がネット上に流出し、話題となっている。

 カウンター越しの店長を怒鳴りつけ、手に持っていたバニラシェイクを投げつける客。これに激高した店長が客につかみかかり、顔面に連続パンチを浴びせる。あまりの勢いで、客が着用していたビキニのトップが脱げ、彼女の胸はあらわになってしまうが、店長は攻撃の手を緩めない。かなり大柄な店長はパワーで客を凌駕し、客席のテーブルの上に投げ飛ばす一幕も。さらに、別の女性店員も加勢。劣勢に立たされた客だったが、椅子を手に持ち、果敢に店長に立ち向かっていく。しかし、店長はいとも簡単にそれを奪い取ってしまう――。

 動画では、店長が「母は生きている!」「母を馬鹿にするな!」などと叫ぶ声が確認できる。客が、彼女の母親をののしるような言葉を投げつけたのかもしれない。

 たまたま現場に居合わせたこの動画の撮影者によると、壮絶なキャットファイトの寸前、客が紙コップを店長に要求したところ、店長がドリンクバーをタダ飲みされることに警戒してディスペンサーを停止させたことで、両者の間で口論が発生したという。また、店長が客を泥棒呼ばわりしていたという情報もある。

 米マクドナルドは動画の内容について「現在調査中」としながらも、「動画の中の振る舞いは容認しない」との声明を出しているが、映像を見る限り、店長も客も「どっちもどっち」といえそうだ。

 

日刊サイゾー

トピックスRSS

ランキング