“キング・オブ・アウトロー”瓜田純士が日ボク連「山根明会長」の大ファンになっちゃった!?

日刊サイゾー / 2018年8月7日 16時0分

写真

「日本ボクシング連盟」の山根明会長(78)と、「日本ボクシングを再興する会」のバトルが、いよいよ終盤を迎えつつあるようだ。目下の戦況は、世論を味方につけた後者が圧倒的優勢。袋叩きに遭い、コーナーに追い詰められた山根会長は、とうとうセコンド(側近理事)からも見放さてしまったが、今なおファイティングポーズを崩さない。果たしてこの戦い、どちらに分があるのか? “キング・オブ・アウトロー”こと作家の瓜田純士(38)にジャッジを委ねたところ、贔屓目たっぷりの「瓜田判定」が飛び出した!

――山根会長をめぐる一連の騒動を見て、感じることはありますか?

瓜田純士(以下、瓜田) 俺ねえ、今回の騒動で山根会長のことを初めて知ったんですけど、すっかり彼の大ファンになっちゃってるんですよ(笑)。一般の人たちから見たら、彼は際立つ存在かもしれませんが、ちょっとアングラなほうにアングルを変えてみると、あの手のタイプって昔から大勢いるんです。かつては俺の周辺って、ああいう勘違いのカタギ野郎ばっかりだったんで。

――勘違いのカタギ野郎?

瓜田 ええ。なぜだか「会長」って呼ばれてて、周囲からもてはやされたり、恐れられたりしてるカタギって、だいたいああいうタイプなんです。山根会長より強烈な奴もたくさん見てきましたよ。「俺には若い兵隊が大勢いる。今でも刑務所から『会長』『会長』っていう手紙がたくさん届く」とか言ってるけど、おめえカタギだろ! ってのとか(笑)。「おい純士、俺の腕時計で今何時か見てくれ」って言うけど、文字盤が全部ダイヤで埋め尽くされてるから、時間なんかわかるかよ! ってのとか(笑)。「俺みたいな真のフィクサーは世の中で名前を知られていない。能ある鷹はなんとやら、ってやつだ」とか言ってるけど、おめえただ単に無名なだけだろ! って奴とか(笑)

――(笑)。

瓜田 そういう悪趣味で胡散臭いカタギって、夜の世界やグレーな世界には本当にたくさんいるんですよ。

――で、瓜田さんはそういう人たちのことをどう思っているんですか?

瓜田 俺は昔から“癖のあるおやじフリーク”みたいなところがあるから、山根会長とか籠池(泰典=森友学園元理事長)は大好物ですね。下手したら自分の40年後は、ああなってる可能性がある(笑)。そう思うと、嫌いになれないんですよ。かつては俺も山根会長同様、ゴッドファーザーのテーマ曲を着メロにしてたし(笑)。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング