嵐・二宮和也『検察側の罪人』宣伝のバラエティ出演で証明「意外に数字を持ってた!」

日刊サイゾー / 2018年8月24日 8時0分

写真

 8月24日公開の映画『検察側の罪人』で木村拓哉と悲願の共演を果たしている、嵐・二宮和也が立て続けにバラエティ番組にゲスト出演し、意外にも“数字を持っていた”ことを示してみせた。

 まず、同17日には、TBS系の人気バラエティ番組『ぴったんこカン・カン』2時間スペシャルに出演し、木村とバラエティで初共演。その日、白いTシャツに短パン姿というラフな格好で登場した二宮は、司会の安住紳一郎アナ、木村と貸し切りのバスに乗って古着屋へ向かった。そこで木村が、私服に無頓着といわれる二宮の洋服をコーディネートするなどした。

 同番組には泉ピン子、高橋尚子も出演したが、13.0%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)の高視聴率をマーク。前週(10日)は、TOKIO・松岡昌宏と草笛光子がゲストだったが、その回の10.1%から大きくアップさせて面目躍如。

 また19日には、TOKIOのレギュラー番組である『ザ!鉄腕!DASH!!』(日本テレビ系)に出演。冒頭では、「出張DASH村」企画で、城島茂が7月上旬の西日本豪雨で被害を受けた岡山市を訪問。4年半前に取り上げた黄ニラ農家を訪ね、番組スタッフと共に畑を耕す作業を手伝った。

 そして、「新宿DASH~夏休み特別企画」として、“助っ人参戦”の二宮が国分太一と都心でカブトムシを大捜索。二宮は虫が苦手で、「触るのも無理」というほど。だが、国分の「カブトムシと触れ合わせてあげたい」との思いで、オランダ大使館などを探した。残念ながら、カブトムシは見つからなかったが、最後の最後でコクワガタを発見。二宮も恐る恐るクワガタをつかんで番組は終了した。

 同番組の視聴率は15.5%で、前週(12日)の15.1%から0.4ポイントアップとなり、二宮投入には一定の効果があったようだ。

 4月期には日曜劇場『ブラックペアン』(TBS系)で、『弱くても勝てます ~青志先生とへっぽこ高校球児の野望~』(日本テレビ系)以来、4年ぶりの連ドラ主演を果たし、ダークヒーローを演じた。全話平均視聴率は14.3%と上々で、評価を高めていたが、一連のバラエティ出演でも、それなりに数字を持っていることを示したようだ。

 私生活では、元フリーアナウンサーの伊藤綾子との交際が継続していたことが明らかになって騒がしいが、単独主演でないとはいえ、『検察側の罪人』がヒットすれば、さらに評価を高めることになりそうだ。
(文=田中七男)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング