白髪ババアと化したセーラー服少女に心がザワついた『快盗戦隊ルパンレンジャー』#28

日刊サイゾー / 2018年8月25日 16時0分

写真

『快盗戦隊ルパンレンジャーVS警察戦隊パトレンジャー』#28「誕生日も戦いで」

 早見初美花/ルパンイエロー(工藤遥)の誕生日&パパ登場で、ちょいといい話が披露されつつも、ギャングラーとのバトルでは面白ギミック満載だった。

■初美花パパの登場で、ルパレンたちにもウェットな感情が

 初美花が家を飛び出して以来、連絡を取っていなかったパパ(辰巳智秋)がビストロ「ジュレ」に乗り込んできた。

 娘と似ても似つかない、デブ&ワイルド&短パン&アロハというお父さんに若干狼狽したが、美少女の親のルックスがモンスターっていうケース、意外とあるからねぇ……(りえママとか)。

 娘を心配するパパの登場により、ルパンレンジャーの面々もちょっぴりウェットな気持ちになったようだ。

 宵町透真/ルパンブルー(濱正悟)は、消された婚約者の父親とのエピソードを初美花に語り、夜野魁利/ルパンレッド(伊藤あさひ)は、親元を離れ健気にがんばっている初美花に思いを馳せ、パパに「イヤなことつらいこともたくさんあるけど、すっげえがんばってる。強いっすよ、アイツ」と伝えた。

「大事な人を取り戻す」という目的を達成するためにお互いを利用し合うというドライな関係だったルパンレンジャーたちだが、だいぶ「仲間」らしくなってきたようだ。

 きっと今だったら「目的のためなら誰かが倒れても構わない」なんてことは言わないんじゃないだろうか。

 それでいて、誕生日を祝い合うような関係性ではないからと遠慮したのか、ひとりプリンで自分の誕生日を祝おうとしていた初美花がけなげすぎるし、初美花に一晩の休暇を与え「一晩くらい家族サービスしてやれ」「俺らは今度、プリンで祝ってやるからさ」と言う魁利たちにも泣ける。

 素敵な仲間じゃないの。

 それにしても、食べ終わったプリンの容器を冷蔵庫に戻すって頭おかしいだろ、魁利! せめて捨てろよ!

■老化能力をもっと活躍させてほしかった

 今回のギャングラー怪人・リューグ・タマテバッコ(CV:塩屋浩三)は、なかなか面白い能力を持っていた。

「玉手箱」の名の通り、浴びたものを急速に老化させる煙を吐き出すのだ。

 女子高生(中学生?)が煙を浴びて白髪のババアになっていた(セーラー服着用のまま)が、白髪だけど妙に肌つやがよく、おそらく30~40代くらいの役者が演じてると思われる。

 ババアとしては若いけど、セーラー服を着ていることを考えると年寄り……という複雑な気持ちを抱かせてくれる、ショッキングな能力だ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング