ウエンツ瑛士、『火曜サプライズ』で留学&芸能活動休止を発表! 共演者・山瀬まみの態度に賛否……

日刊サイゾー / 2018年8月29日 22時0分

写真

 タレントのウエンツ瑛士が、8月28日放送の『火曜サプライズ』(日本テレビ系)にて舞台の勉強のために10月からイギリス・ロンドンへ留学することを明かし、それに伴い9月末で芸能活動を一時休止すると発表した。

 ウエンツはこの日の放送で、「突然のご報告になるのですが……」と切り出し、留学と芸能活動一時中止について説明。3年前から「いつかロンドンで舞台に立ちたい」という夢を持ち始めていたそうで、日本で夢を叶える努力をしてきたようだが、ロンドンで勉強したいとの気持ちが日に日に強まり、今回の留学を決めたとのこと。ウエンツは「皆さんにそれ以上の恩返しができる、するという覚悟が自分の中で決まりましたので、今回、留学するという決断をしました」と意思を語っていた。

 これに、スタジオの共演者たちからは驚きと励ましの言葉が。山瀬まみは「ごめん。勝手に決めて腹が立っている。寂しくて……。でも、やりたいことがあるのはうらやましいから、がむしゃらに頑張ってもらわないと困る」という言葉を贈った。

 ネットでも発表直後からこの件は話題になったが、なぜか山瀬の”異変”を指摘する声も多く上がっていたという。

「視聴者の間では、山瀬さんの表情が硬かったと話題に。ウエンツさんの留学を応援する声が多数上がる中、『終始、感じが悪かったな~』『いつも元気な山瀬まみが今日は暗かった……』といった、山瀬さんの態度に疑問を呈する声もありました」(芸能ライター)

 番組では「勝手に決めて腹が立っている」と胸の内を語っていた山瀬。ウエンツと長年共演していただけに、それだけショックが大きかったのかもしれない。

「山瀬さんの態度に『器小さくないか!?』『怒っていても、テレビ上では愛想よくコメントしてやってもいいのに』といった声が上がる一方で、『本当にウエンツのこと好きだったんだな~』『コメントでも言ってたけど、相談もなしに決めたことに怒るのも無理はないんじゃないかな!?』といった同情的な声も上がり、賛否両論を巻き起こしていました」(同)

 ウエンツの活動休止まで残り1カ月。発表時の山瀬の態度へさまざまな声が上がってはいるが、最後の放送の時こそは明るく送り出してほしいものだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング