「工藤静香がギャーギャー騒ぎながら撮ってそう」Koki,と木村拓哉の2ショットにバッシングの嵐!

日刊サイゾー / 2018年11月14日 23時30分

写真

 11月13日、モデルのKoki,が自身のInstagramにて、この日46歳の誕生日を迎えた父・木村拓哉を祝福したことが大いに話題を呼んでいる。

 Koki,は、木村とおぼしき人物の腰に手を回して抱きついているかのようなシルエットの逆光ショットを掲載し、「お誕生日おめでとう!ファンキーでカッコいいお父さんの娘に生まれて来れて本当に良かった。沢山の愛を込めて」とメッセージ。この写真は15日現在で40万件の「いいね!」がつくなど大反響。ネット上では「めっちゃ画になるし、格好良い」「ドラマのワンシーンみたいですごい」「美しい親子だ……」と絶賛の声が上がる一方で、かなりの拒否反応も出ている。

 拒否反応のパターンは主に3つ。

 1つめは「カップルみたいな写真撮るのね」「どういう体勢?」「これ気持ち悪いって!」「なんでこんな社交ダンスみたいなポーズにしたの(笑)?」「全然素敵じゃないし、いかにもインスタ映えって感じの一枚」など、2人のポージングや写真の雰囲気が気に入らないという声。

 2つめは「家庭を匂わせずSMAPとして芸能人として輝いた木村拓哉はもういないのね」「せめてキムタクは共演だけはNGで貫いてくれたらイメージ違ってたのに」「娘と仕事する人やりづらいだろうね。ここまで全面的に親の14光翳されたらね」「結局、静香パワーもキムタクパワーも存分に利用することに決めたのね」と、Koki,が木村のネームバリューを存分に使うつもりでいるのが気に食わないという声。

 3つめは「何回撮り直したんだろ(笑) 静香がギャーギャー騒ぎながら撮ってそう」「やっぱり静香の子ども! キムタクが守ってきたものを一瞬で崩す」「きっと工藤静香が載せてと指示したんだろうけど、事務所にキムタクの顔は載せるなと言われてるんだろうね」と、母親の工藤静香の影がチラつくのが嫌だという声だ。

「ジャニーズは、プライベートでSNS写真を掲載するのは基本的に禁止ですからね。いくら木村さんとはいえ、例外ではない。そんなわけで、この逆光写真は苦肉の策ですね。かわいい娘のために一肌脱いだといったところでしょうが、木村さんはもともとはファンの夢を壊さないため、自身の私生活を見せないよう死守してきたプロ意識の高い人。それゆえ、今回の件でキムタクファンはかなりショックを受けています」(テレビ局勤務)

 最愛の父親を祝福したつもりが、結果的に父親の足を引っ張る形になってしまったKoki,。早く独り立ちしたほうがお互いのためかも!?

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング