元「純烈」友井雄亮、メンバー内でも孤立! “DV報道”で引退も転職先は……?

日刊サイゾー / 2019年1月17日 16時0分

写真

 会見が全てを物語っていた。昨年の『NHK紅白歌合戦』に初出場した男性ムード歌謡グループ・純烈に“文春砲”が炸裂したのだ。

 メンバーの友井雄亮に「DV常習」「3,000万円使い込み」など、近年稀に見るクズスキャンダルが発覚。有無を言わさず芸能界引退となった。

 当然、他メンバーは怒り心頭だ。15日に行った記者会見で、リーダーの酒井一圭(43)は「僕の中で、もうあいつは死にました」「会うことはないと思います」と三くだり半。小田井涼平も「なんとか5人でやる方向はないと模索したが、心身共に傷ついている女性がいると発覚した段階で、犯罪者ではないが、それに近い。それくらいひどいことをしたという思いが強くなった」と突き放した。

 取材記者の1人は「ネット上では友井の復帰を求める署名活動も行われていたし、会見に行く前は、メンバーたちもてっきり涙ながらに『もう一度チャンスを!』とやると思っていた。それが言語道断の断罪。『ここまで言うか……』という驚きがあった」と話す。

 背景にあるのは、メンバー間でも問題視されていた友井の“オレ様ぶり”。グループを知る音楽関係者は「人気が出るにつれ、友井は勘違いが目立つようになった。重要な会議の最中でもスマホをイジっているし、金にならないことに対しては消極的。ダンスの振り付けは彼の担当だが、年々体重が増加しているリーダーに対して、上から目線で発言することもあった」と話す。

 そうした悪態度も相まって、リーダーの酒井をはじめ、かばうことなく“解雇”に動いたというのが真相だ。

 そんな友井の今後はどうなるのか?

「DVのイメージは悪すぎるので、他事務所からの復帰も考えられないでしょう。ありえるとしたら、ホストデビュー。水商売系にツテのある芸能プロ関係者が知人の記者に『友井の連絡先を知らないか?』と電話しているので、狙っている可能性はあります」(ワイドショー関係者)

 とはいえ、ホストになったとしてもDVの過去は敬遠されるのがオチ。地元に帰って、職探しするのが賢明だろう。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング