錦戸亮、関ジャニ∞脱退でジャニーズ退所へ 事務所もグループに見切り!? 悪友・赤西仁の活躍が退所を後押しか

日刊サイゾー / 2019年3月7日 11時0分

写真

 3月7日発売の「週刊文春」(文藝春秋)にて、関ジャニ∞の錦戸亮がグループを脱退、ジャニーズ事務所を退所すると報じられ、ファン内外に衝撃が走っている。

 記事によると、昨年8月に渋谷すばるが脱退したことで、今後の活動について何度もメンバー全員が集まり話し合いが行われたそう。その際、錦戸以外のメンバーからは、前向きな提案が上がっていたが、錦戸は「関ジャニは7人ではないといけない」と“解散”を主張。それに対し、横山裕と村上信五は激怒。ほかのメンバーも錦戸の主張に賛同せず。その後、孤立してしまった錦戸はグループ脱退と事務所退所を申し出。今年の夏ごろまでに結論を出す方向で話が進んでいるという。

 この報道に、ファンは動揺を隠し切れないようだが、「関ジャニが解散するかも……」といった危機感を覚える声も上がっている。

 そんな崩壊寸前の関ジャニに対し、「事務所もさじを投げている」と芸能記者は、こう語る。

「昨年11月頃に、ジュリー藤島副社長と横山、大倉忠義が、関西のテレビ局幹部を集めて、『関西Jr.のために何か』と接待したとの情報があり、その後、関西Jr.の出演が増加。さらに、村上さんや横山さん、大倉さんが裏方に回り、多方面で関西Jr.をプロデュースするとの報道もあり、事務所が関西にも力を入れていくという方針で行くと思われていたんです。ですが、今回の報道で、このときから事務所は関ジャニに見切りをつけていたようですね。後輩の売り出しを強化し、錦戸さん以外のメンバーには個々で仕事を与える方針に転換していこうとしていたんでしょう」

 渋谷に続き錦戸までも……立て続けの脱退・退所問題に、事務所も「関ジャニにはお手上げ」となったのかもしれない。

 また、グループ脱退以外に事務所の退所までも申し出たという錦戸。そんな彼の願いに追い討ちをかけたのが赤西仁の活躍ぶりでは、との推測もあるようで、

「赤西さんはKAT-TUN脱退・事務所退所後、かねてから友人関係にあった山田孝之さんとユニットを組んだり、これまで築き上げた交友関係を使って仕事している。最近のぐでたまとのコラボも、クラブに出入りしていた頃に知り合った人物がサンリオにいて実現したとの話です。そういう姿を見ていたら、『別にジャニーズの看板がなくてもやっていける』と思ったのかもしれません」(芸能ライター)

 夏ごろに結論を出すとのことで、まだ、錦戸の脱退が確定しているワケではないが……。今年も関ジャニには“試練”が降りかかってきそうだ。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング