大手アダルトグッズ会社の大商談会「TENGA TRADE TALKS 2019」スピードワゴン、TENGAの普及に「“せいし”をかけてやっていく」と意気込み

日刊サイゾー / 2019年3月20日 16時50分

写真

 15日、アダルトグッズ製造販売を行う株式会社TENGAの大商談会「TENGA TRADE TALKS 2019」が都内で開催され、お笑いコンビ・スピードワゴンの井戸田潤さんと小沢一敬さんが登壇した。

 2005年、TENGAが5種類のカップシリーズを発表してから13年。現在、世界62ヶ国で販売され、女性向けのアイテムや医療の現場で活用されている製品も展開し、累計出荷本数は7500万本を突破するなど、大きな成長を遂げている。またイベント当日、「性を表通りに、誰もが楽しめるものに変えていく」というコンセプトのもと、TENGA初となる常設店「TENGA STORE TOKYO」が阪急メンズ東京にオープン。会見には、TENGAの松本光一社長、阪急阪神百貨店モードファッション商品部マーチャンダイザーの民谷啓さんが登壇し、「TENGA STORE」の出店に社内外から大きな反響があった事を述べた。

 オシャレな「TENGA」オリジナルTシャツを着て登場したスピードワゴンは、「我々はヘビーTENGAユーザーです。TENGAというものを開発してくれてありがとうございます」とTENGAへの愛を語った。井戸田さんは「こんなにTENGAの話を高らかに話せるなんてうれしいですね。TENGAには女性の広報の方もいらっしゃるんですけど、その方も商品開発で自ら使ってみたりとか。使うものもいろんな種類があって。バキューム知ってますか? バキュームがすごいんですよ、ぎゅううううって」と女性司会者に向かってギリギリの発言。小沢さんは「ちょっと確認しましょう。どこからがセクハラになります?」と相方の暴走をフォローした。

 かねてより松本社長と親交のあるスピードワゴンのお二人。毎年お正月には、お年賀ならぬ「お典雅」としてTENGA詰め合わせが社長から送られてくるのだという。社長の人柄を「柔らかく温かく、しっとり包み込んでくれるTENGAそのもの」と形容し、笑いを誘った。

 さらに、イベントの開催を記念して、社長からスピードワゴンに「巨大TENGA」の贈呈が行われた。井戸田さんに渡されたのは通常の商品よりひとまわり以上大きい巨大TENGA。井戸田さんは「そんなサイズじゃないですから」と狼狽しつつ、中を開けるとオシャレなTシャツが。「かわいい!」と井戸田さんは笑顔を見せた。「社長、私はTENGAが欲しいんですけど」とゴネる小沢さんには、さらに大きいビッグTENGAのプレゼント。「どうせTシャツが入ってるんでしょ?」と言いながら開けると中には大量のTENGAがギッシリ。松本社長が「6本入りのパーティバーレルです」と説明すると、小沢さんは「本当に欲しかったやつです。パーティも新しい時代を迎えそうです」とご満悦の様子だった。

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング